初代ミスター赤ヘルといえば実はこの人!山本一義の監督としての活躍は?

広島商業から法政大学を経て広島カープで活躍した山本一義。ミスター赤ヘルといえば、山本浩二だが、実は元祖は山本一義でした。山本一義は、低迷時代の広島において生え抜きスターとして4番や主将を務めました。指導者に転身してロッテの監督となった山本一義でしたが、まさかの球団創設初の最下位を味わってしまいました

BBCrix編集部

山本一義の監督・コーチ歴について

■山本一義の指導者歴

1976年 山本一義:広島東洋カープ一軍打撃コーチ
1977年 山本一義:広島東洋カープ一軍打撃コーチ
1978年 山本一義:広島東洋カープ二軍打撃コーチ
1979年 山本一義:広島東洋カープ二軍打撃コーチ
1980年 山本一義:近鉄バファローズ二軍打撃コーチ
1981年 山本一義:近鉄バファローズ二軍打撃コーチ
1982年 山本一義:ロッテオリオンズ一軍監督
1983年 山本一義:ロッテオリオンズ一軍監督
1984年 山本一義:南海ホークス一軍打撃コーチ
1985年 山本一義:南海ホークス一軍打撃コーチ
1994年 山本一義:広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ
1995年 山本一義:広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ
1996年 山本一義:広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ
1997年 山本一義:広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ
1998年 山本一義:広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ

チームの主軸として低迷時代の広島カープを支えた山本一義。引退後もすぐに古巣のコーチとして手腕を発揮しました。その指導力の噂はリーグを超え、1982年にはロッテ監督に就任。2年で監督は退任することになりましたが、以後も打撃コーチとして球団を渡り歩きました。

山本一義の監督成績

山本一義の監督就任は苦々しいものとなりました。初年度に総合5位に沈むと、1シーズン制に戻った1983年には、球団創設初の最下位となるなど、悪い意味でチームの歴史に名を残してしまいました。

■通算2年 Aクラス0回
1982年 ロッテオリオンズ 山本一義 130試合54勝69敗7分  勝率.439 5位(前期6位、後期4位)
1983年 ロッテオリオンズ 山本一義 130試合43勝76敗11分  勝率.361 6位

ロッテ監督時代の山本一義は投手陣のコマ不足に泣き、球団創設初の最下位を経験

山本一義会長ありがとうございました。 » 高岡・富山ヤングベースボールクラブ

広島生まれの山本一義は、強豪・広島商業に進学して甲子園を目指しました。すでに野球の才能を開花させていた山本一義は、1956年春夏連続で甲子園に出場。しかしともに初戦で敗れ、山本一義は法政大学に進学。

ここでも山本一義は1年生からレギュラーを奪い、何と4季8シーズンをフル出場するというリーグ初の快挙を成し遂げました。4年時には主将で4番としてチームを引っ張り、12年ぶり7度目のリーグ優勝、さらには大学選手権初優勝にも貢献。そしてこの頃山本一義は、プロ全球団から誘いを受ける大打者になっていました。母校の大先輩・鶴岡一人が監督をつとめる南海ホークスという道もありました。

しかし、山本一義は最終的に地元の広島カープを選択し、1961年に入団しました。山本一義は大学時代同様、1年目から頭角を現しチームの主力打者となりました。山本一義は広島の4番を任され、10年連続二桁本塁打、打率10傑に入ること5回など、無冠ながらチームに尽力しました。広島は、1950年の発足以来、低迷が続いていました。しかし山本一義がコーチ兼任となった1975年、ついに初優勝を飾ります。生え抜きのスター山本一義は、その優勝を見届けて現役を引退しました。

引退後の山本一義は古葉竹識監督の元で即打撃コーチに就任。のちに広島黄金時代の申し子とも言われた高橋慶彦や山崎隆造を育成しました。1980年からは、山本一義自身初めてとなるパ・リーグへ進出し、近鉄バファローズのコーチを2年歴任。

1982年からは、山本一義に監督というチャンスが訪れました。当時のロッテ重光オーナーが、鶴岡に相談したところ、山本一義を推薦したのです。当時のロッテは、リー兄弟や落合博満ら新ミサイル打線として打撃陣が復活していました。前年も前期優勝でしたがプレーオフで敗れ、1974年以来優勝から遠ざかっていました。山本一義が監督就任した1982年、いきなり投打がかみ合わず前期最下位に沈みました。後期は4位と少し盛り返した山本一義でしたが総合で5位と、チームを3年ぶりのBクラスへ転落させてしまいました。しかし落合が史上最年少で3冠王に輝くという素晴らしい成績を残しチーム打率は2位でした。当時のロッテの弱点はもちろん投手陣でしたが、翌1983年はさらにひどい数字が残りました。チームとして2年連続でチーム防御率は最下位であり、この年はあとにも先にもはじめての5点台。落合の首位打者獲得や、高沢秀昭、西村徳文ら若手の起用と山本一義らしさを見せてくれましたが、チームは球団創設初の最下位に転落。山本一義は2年連続で成績を残せず監督解任となりました。

しかし山本一義の指導力が否定されたわけではありませんでした。若手の指導に定評があった山本一義は、時をおかずして南海ホークスや広島東洋カープの打撃コーチに就任。金本知憲、木村拓也、緒方孝市らを育成し、助っ人外国人ルイス・ロペスにまで熱心な指導を施しました。

教え子たちが監督になった時も、自分のことのように喜んでいました。2016年、緒方監督が率いる広島東洋カープは25年ぶりの優勝を決めました。この後輩たちの勇士を山本一義は病室で見ていました。前年から体調を崩し、入院していた山本一義は優勝から1週間後の9月17日、この世を去りました。しかし山本一義の遺族は広島優勝の祝賀ムードを壊したくないと公表を控えていました。元祖ミスター赤ヘル戦士・山本一義の粋な計らいでした。

【球界高校人脈】甲子園で時代創った広島商…達川ら輩出 - スポーツ - ZAKZAK
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

昨日の試合 (6/26)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する