ペナント奪還に失敗。投打ともに課題多き球界の盟主 2016年シーズン総括(読売ジャイアンツ編)

高橋由伸監督の下、ペナント奪還を目指した巨人。広島に独走を許し、見せ場もないまま2位に終わった。クライマックスシリーズ・ファーストステージではDeNAを前に1勝2敗であっけなく敗退。巨人がファーストステージで敗退したのは、2011年以来2度目のことだった。そのときは3位で進出したため、2位で進出しながらファーストステージで敗退したのは球団史上初めて。そんな巨人の、2016年を総括する。

京都純典(みやこすみのり)

コメント (1)

  • Baseball Crix 編集部

    11/27 0:06

    CSファーストステージ敗退に終わった巨人。投打ともに山積する盟主の課題を詳らかにします。

    もっと見る

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (3/30)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する