東大阪大柏原の甲子園出場は??プロ野球選手も

 東大阪大柏原は、今までに一度だけ甲子園に出場したことがあります。激戦区大阪で果たした快挙。その東大阪大柏原の快挙について探っていきます。  ここでは東大阪大柏原の甲子園出場年、および当時の結果を詳しくお伝えします。また、東大阪大柏原出身で今も現役選手がいることも判明しましたので、その選手についてもご紹介します。  東大阪大柏原に興味のある方はどうぞお立ち寄りください。

BBCrix編集部

東大阪大柏原ってどんな高校?アスリートも多く誕生

 東大阪大柏原高等学校は、大阪府に所在する私立高校です。東大阪大柏原の特徴として、設立当初の東大阪大柏原は女子高でした。しかし、男女共学を経て、現在の東大阪大柏原は、打って変わって男子校へと様変わりしています。東大阪大柏原の創立は1963年。

 現在の東大阪大柏原は、アドバンストコース、キャリリアップコース、キャリアアシストコース、スポーツコースと4つのコースが設けられています。東大阪大柏原は、生徒の進路に応じた幅広い教育が行われています。

 ですから東大阪大柏原を卒業する生徒も、大学だけでなく就職にも多く就いていることが伺えます。東大阪大柏原は、門出が広い高校と言えます。

 また東大阪大柏原には、スポーツコースが設けられているだけあって、クラブ活動を熱心に行われています。運動部に関しては、最近だとバトミントン、陸上、日本拳法が全国大会に出場経験があり活躍しています。

 東大阪大柏原の硬式野球部は、確かに1度甲子園したものの、最近の東大阪大柏原は良くてベスト8止まりです。これは何も東大阪大柏原が弱くなったとうよりは、他か強すぎる故だからです。最激戦区大阪にいる宿命とも言えます。

 実際、東大阪大柏原からは多くのプロ野球選手およびアスリートも誕生しています。ここからも東大阪大柏原が決して弱い高校でないことが見て取れます。

 ちなみに東大阪大柏原から輩出されたアスリートは、プロ野球選手およびバトミントン選手が多いです。また東大阪大柏原からは、お笑い芸人も多く輩出されており、間寛平も東大阪大柏原の出身です。さらに中退ではありますが、タレントのはるな愛も東大阪大柏原の生徒でした。

 今後も東大阪大柏原からは、多くのアスリートが誕生の予感がします。

東大阪大柏原の甲子園出場はいつ?成績は?

 東大阪大柏原は、今までに一度だけ甲子園に出場したことがあります。その東大阪大柏原の甲子園出場について、ここで詳しく見ていきます。

 東大阪大柏原が甲子園に出場したのは、2011年夏の甲子園においてです。

この時、東大阪大柏原は県大会決勝で大阪桐蔭と対戦しています。決勝で東大阪大柏原は7-6の接戦の末、見事勝利を収めて、東大阪大柏原にとって初となる県大会優勝を果たします。それと同時に東大阪大柏原は、甲子園初出場も決めました。

東大阪大柏原、初となる甲子園の舞台で、初戦に愛知県の至学館と対戦。そして、この試合で東大阪大柏原は8-1で圧勝します。同時に東大阪大柏原は、甲子園初勝利も収めたことにもなり、再び東大阪大柏原の歴史に新たな1ページを築きました。

続く2回戦で東大阪大柏原は、広島県の如水館と対戦するも4-7で敗れています。次の甲子園で東大阪大柏原には。是非ともベスト8入りを目標に頑張ってもらいたいです。

この年以降の東大阪大柏原は、春・夏ともに甲子園の舞台からは遠ざかっています。ですが、再び東大阪大柏原がその舞台に立つことを楽しみ待ちましょう!!

東大阪大柏原出身のプロ野球選手は?

 先にもお伝えしたように東大阪大柏原からは、既に何名かのプロ野球選手が誕生しています。その中には、現役のプロ野球選手も含まれます。そこで、ここでは東大阪大柏原の現役のプロ野球選手についてご紹介します。

 東大阪大柏原出身で現在唯一の現役選手、それは日本ハムの野手・石川慎吾です。

 石川は、東大阪大柏原時代に甲子園出場経験があります。つまり、石川は東大阪大柏原とって唯一の甲子園出場のときの選手です。

 その後、石川は東大阪大柏原時代の活躍が認められプロ入り。2011年ドラフトにおいて、日ハムファイターズから3位指名を受けての入団になっています。

 プロ入り後、石川はルーキーイヤーの2012年では、シーズンの全て2軍で過ごしています。石川にとって初となる1軍出場は2013年です。この年に石川は、4試合ながら試合出場を果たし打席にも立っています。

 ただ2014年、2015年のシーズンでは、それぞれ44試合、43試合に出場するも、今年2016年では12試合と再び試合出場数を減らしています。

 恐らく石川の来季は2軍スタートとなりそうです。まずは結果を残し、次こそは100試合出場を果たしレギュラー獲得をしてもらいたいです。

 ちなみに東大阪大柏原出身で今シーズンまで出場していた、巨人・阿南徹、広島・久本祐一、はともに今季の契約は結ばないことが分かっています。

 唯一の現役の石川には、東大阪大柏原出身として意地でも復活してもらいたいです。今後の活躍に期待です!!

asahi.com(朝日新聞社):写真・図版 - 高校野球
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (3/30)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する