広島東洋カープの誕生について

広島東洋カープの始まりは1950年からのリーグ拡大期ですが、元々広島に広島出身者だけでチームを作ろうという動きがありました。そこで中国新聞社を中心に県出身者が集い、広島野球倶楽部を設立。広島市に流れる河川が鯉の名産地でもあったことから、球団名が広島カープと決定しました。

こうして1950年に産声をあげた広島カープでしたが、親会社を持たない球団の為、すぐさま経営難に陥りました。当時、試合収益は勝利チームにその7割が支払われていましたが、当時の弱小広島カープは想定を下回っていました。2シーズンが終わった時、大洋ホエールズとの合併話が決まりますが、それをとめたのが広島市民でした。今でも素性が明かされていない8人のファンが行動を開始。企業からの資金援助はもちろんありましたが、ここで市民の発案で「たる募金」がスタート。これらによって広島カープは解散から救われて何とか存続しました。

しかしその後も広島カープは低迷が続き、上位進出できません。1968年、東洋工業(現マツダ)社長が筆頭株主となると、球団名が広島東洋カープに改称されます。以後も、オーナーは松田家が歴任しており同族経営に見えますが、実態は市民球団のまま進みます。長い低迷期を経て、徐々に戦力が整うと、1975年球団創立25年目で初優勝。そしてこの年球団創設以来の累積赤字も解消。1979年初めて日本一を達成すると、翌年も連覇して広島黄金時代を迎えました。その後も、Aクラス常連組みとなり、1984年に3度目の日本一。

しかし、1998年に5位となると、広島は再び長い低迷期を迎えます。この年を皮切りになんと15年連続のBクラス。この間、あのたる募金は再び広島カープに力を与えていました。2009年にメジャー球場も参考にしたというマツダスタジアムが完成。この球場建設にも、たる募金として1億円を超える募金がありました。すると2013年、久々にAクラス3位を確保すると徐々に若手も育ち、2016年、25年ぶりのセ・リーグ優勝を勝ち取りました。

広島東洋カープのこれまでの成績(~2016年)

運営母体:松田家(マツダ創業者一族)
リーグ優勝:7回
日本一:3回
クライマックスシリーズ出場:3回/1勝2敗
交流戦優勝:0回

1950年 広島カープ 41勝96敗1分 8位
1951年 広島カープ 32勝64敗3分 7位
1952年 広島カープ 37勝80敗3分 6位
1953年 広島カープ 53勝75敗2分 4位
1954年 広島カープ 56勝69敗5分 4位
1955年 広島カープ 58勝70敗2分 4位
1956年 広島カープ 45勝82敗3分 5位
1957年 広島カープ 54勝75敗1分 5位
1958年 広島カープ 54勝68敗8分 5位
1959年 広島カープ 59勝64敗7分 5位
1960年 広島カープ 62勝61敗7分 4位
1961年 広島カープ 58勝67敗5分 5位
1962年 広島カープ 56勝74敗4分 5位
1963年 広島カープ 58勝80敗2分 6位
1964年 広島カープ 64勝73敗3分 4位
1965年 広島カープ 59勝77敗4分 5位
1966年 広島カープ 57勝73敗6分 4位
1967年 広島カープ 47勝83敗8分 6位
1968年 広島東洋カープ 68勝62敗4分 3位
1969年 広島東洋カープ 56勝70敗4分 6位
1970年 広島東洋カープ 62勝60敗8分 4位
1971年 広島東洋カープ 63勝61敗6分 4位
1972年 広島東洋カープ 49勝75敗6分 6位
1973年 広島東洋カープ 60勝67敗3分 6位
1974年 広島東洋カープ 54勝72敗4分 6位
1975年 広島東洋カープ 72勝47敗11分 1位
1976年 広島東洋カープ 61勝58敗11分 3位
1977年 広島東洋カープ 51勝67敗12分 5位
1978年 広島東洋カープ 62勝50敗18分 3位
1979年 広島東洋カープ 67勝50敗13分 1位 ★
1980年 広島東洋カープ 73勝44敗13分 1位 ★
1981年 広島東洋カープ 67勝54敗9分 2位
1982年 広島東洋カープ 59勝58敗13分 4位
1983年 広島東洋カープ 65勝55敗10分 2位
1984年 広島東洋カープ 75勝45敗10分 1位 ★
1985年 広島東洋カープ 68勝57敗5分 2位
1986年 広島東洋カープ 73勝46敗11分 1位
1987年 広島東洋カープ 65勝55敗10分 3位
1988年 広島東洋カープ 65勝62敗3分 3位
1989年 広島東洋カープ 73勝51敗6分 2位
1990年 広島東洋カープ 66勝64敗2分 2位
1991年 広島東洋カープ 74勝56敗2分 1位
1992年 広島東洋カープ 66勝64敗 4位
1993年 広島東洋カープ 53勝77敗1分 6位
1994年 広島東洋カープ 66勝64敗 3位
1995年 広島東洋カープ 74勝56敗1分 2位
1996年 広島東洋カープ 71勝59敗 3位
1997年 広島東洋カープ 66勝69敗 3位
1998年 広島東洋カープ 60勝75敗 5位
1999年 広島東洋カープ 57勝78敗 5位
2000年 広島東洋カープ 65勝70敗1分 5位
2001年 広島東洋カープ 68勝65敗7分 4位
2002年 広島東洋カープ 64勝72敗4分 5位
2003年 広島東洋カープ 67勝71敗2分 5位
2004年 広島東洋カープ 60勝77敗1分 5位
2005年 広島東洋カープ 58勝84敗4分 6位
2006年 広島東洋カープ 62勝79敗5分 5位
2007年 広島東洋カープ 60勝82敗2分 5位
2008年 広島東洋カープ 69勝70敗5分 4位
2009年 広島東洋カープ 65勝75敗4分 5位
2010年 広島東洋カープ 58勝84敗2分 5位
2011年 広島東洋カープ 60勝76敗8分 5位
2012年 広島東洋カープ 61勝71敗12分 4位
2013年 広島東洋カープ 69勝72敗3分 3位
2014年 広島東洋カープ 74勝68敗2分 3位
2015年 広島東洋カープ 69勝71敗3分 4位
2016年 広島東洋カープ 89勝52敗2分 1位

広島東洋カープの特徴および2016年トピック

2016年、広島東洋カープは25年ぶりにセ・リーグを制覇。これには二人の元赤ヘル戦士が絡んでいることは周知の事実です。それは低迷期の広島東洋カープを支えた、かつてのエース・黒田博樹に4番打者・新井貴浩。2007年を最後にともに一時はチームを離れましたが、惹かれあうように2015年から広島東洋カープに復帰。投打の精神的支柱として、セ・リーグの圧勝優勝を支えました。

広島東洋カープの永久欠番には、2016年現在二つが指定されています。それは赤ヘル黄金時代を支えたミスター赤ヘルこと山本浩二(背番号8)と日本プロ野球界の鉄人・衣笠祥雄(背番号3)。ともに広島東洋カープ一筋で500本塁打以上と、黄金時代の中軸を担いました。また前任者が推薦する選手に与える永久預かり制度も存在します。2016年時点で、前田智徳が付けていた1は預かり扱い、7は野村謙二郎から堂林翔太へ、9は緒方孝市から丸佳浩へ、20は北別府学から永川勝浩へ与えられています。

広島東洋カープは市民球団らしく、様々なアイデアで球団を盛り立てています。まずは応援方法の先駆者。いまやジェット風船は甲子園の名物ですが、初めて飛ばしたのは広島ファンなのです。トランペット応援もまたしかり。そしてスクワット応援は、逆にマツダスタジアムの名物になっています。さらには、ボールボーイならぬベースボールドッグなども一時広島市民球場の人気者となりました。

もちろん戦力アップの策もいくつかあり、沖縄初のプロ野球選手も安仁屋宗八が第1号。さらには球界初のカープアカデミーをドミニカに開設し、ソリアーノのように後の大リーガーも輩出しました。そして最近の広島東洋カープの話題で最たるものこそ「カープ女子」でしょう。元は首都圏のカープファンが取り上げられたものですが、2014年の流行語大賞も受賞。年々、カープ女子たるファンが急増し、2016年優勝の後ろ盾にもなりました。

BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部