“超変革”の象徴 高山俊・長距離砲への道 野球アナリストが気になる選手&チームを数字で斬る! Vol.021

ドラフト1位外野手が“超変革”の象徴となった。阪神のルーキー・高山俊のことだ。リーグ戦再開後は3割に迫る打率を残すなど、終わってみれば球団新人記録を更新する136安打を記録し、セ・リーグ新人王に輝いた背番号9。ただ、その道のりは決して平たんではなかった。そんな高山を数字で斬る。

データスタジアム株式会社

コメント (1)

  • Baseball Crix 編集部

    12/24 14:39

    次代のミスター・タイガースとして大きな期待を集める高山俊。球団新記録となる安打数をマーク、新人王に輝いた1年目の活躍の要因をデータで解説します。

    もっと見る

この記事の著者

この連載について

この連載の他の記事

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

昨日の試合 (6/23)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する