青田昇の監督としての活躍について

戦前戦後の巨人優勝に貢献した「じゃじゃ馬」こと青田昇。弱小だった大洋ホエールズでも3度の本塁打王を獲得するなど獅子奮迅の活躍でした。1973年、青田昇はその大洋で1年だけ指揮を執りましたが、5位に終わります。青田昇の監督人生はこの一度きりに終わりましたが、それ以前にコーチとして阪神、阪急の優勝に貢献。そして巨人伝説の伊東キャンプでも、青田昇は後の主力を徹底的に鍛え上げました。

BBCrix編集部

青田昇の監督・コーチ歴について

青田昇の指導者歴

1962年 青田昇:阪神タイガース一軍打撃コーチ
1963年 青田昇:阪神タイガース一軍打撃コーチ
1965年 青田昇:阪急ブレーブス一軍ヘッドコーチ
1966年 青田昇:阪急ブレーブス一軍ヘッドコーチ
1967年 青田昇:阪急ブレーブス一軍ヘッドコーチ
1972年 青田昇:大洋ホエールズ一軍ヘッドコーチ(一時監督代行)
1973年 青田昇:大洋ホエールズ一軍監督
1980年 青田昇:読売ジャイアンツ一軍ヘッドコーチ

青田昇の監督成績

通算1年 Aクラス0回
1972年 大洋ホエールズ 青田昇 17試合1勝14敗2分  勝率.058 
(別当薫監督の休養後代行監督を努めるが、青田も途中休養)
1973年 大洋ホエールズ 青田昇 130試合60勝64敗6分 勝率.484 5位

1年だけ大洋を率いた青田昇は、首位とたった5ゲーム差の5位に終わる

青田昇との野球との出会いは、進学した滝川中学に以前から続けてきた柔道部が無いことに始まりました。当初は投手をしていた青田昇ですが、打者の才能を見出され、1942年17歳という若さで巨人に入団しました。青田昇はプロでもすぐにその才能を開花し、いきなり巨人の優勝に貢献。さらに翌年は本塁打0本ながら、打点王を獲得しました。しかし個性の塊である青田昇は、自ら志願して入隊。戦後、青田昇は球界に復帰して阪急ブレーブスに入団。ここで、大下弘に触発され、自ら編み出した独特のフォームでホームランアーチストへと変貌を遂げました。その後復帰した巨人、そして移籍した大洋で青田昇は5度の本塁打王を獲得。現役最終年となった1959年、青田昇は阪急に復帰しましたが、骨折の後遺症のため数字を残せず現役を引退しました。

青田昇は、引退後一時現場から離れるも、1962年から阪神タイガースのコーチとして球界復帰。青田昇のルーキー時代の監督だった藤本定義の片腕として、チームの優勝に貢献しました。阪神コーチを2年で退いた青田昇は、1965年から西本幸雄監督に招聘され、阪急ブレーブスのヘッドコーチに就任します。現役時代から、じゃじゃ馬という愛称をつけられた豪快な青田昇は、熱血指導で監督の期待にこたえました。青田昇の指導も実り、1967年阪急は球団創設初優勝を実現。この3年で、青田昇はミスターブレーブスこと長池徳士らを育て上げました。

1972年からの青田昇は、古巣であった大洋ホエールズのヘッドコーチに就任。当時の大洋は、名将・三原脩監督のあとを、別当薫監督が引き継いでいました。そして青田昇の古巣巨人がV9を成し遂げている真っ只中でありました。大洋は唯一、その巨人に打撃で渡り合っており3年連続で3位とBクラスから浮上していました。1972年も大洋は、途中王者巨人に対して13勝8敗と勝ち越し。8月30日時点で3連敗を喫していましたが52勝50敗2分の3位と健闘していました。しかし翌日から、別当監督が休養に入るというピンチを迎えます。ここでヘッドコーチをしていた青田昇に、監督代行の座が任されることになりました。青田昇の初陣は古巣巨人。その試合、同点の8回に7失点して青田昇は黒星スタートとなりました。青田昇は9月からの中日戦でも3連敗。さらに巨人2連戦と阪神戦にも敗れた青田昇は、自身7連敗に、就任前の3連敗もあわせて10連敗となってしまいました。翌日の阪神戦が引き分けとなり、9月12日の中日戦で青田昇はようやく監督としての初勝利を挙げられました。しかし、青田昇が監督としてあげた勝利はこの1勝のみとなりました。そこから引き分けを挟んで7連敗と、チームは3位から5位に順位を落としてしまいました。青田昇は、胆石のため緊急入院。監督代行を1勝14敗2分けと最悪な成績だった青田昇の代わりに、コーチだった宮崎剛が代行の代行となりました。

不本意な形で、監督代行を終えた青田昇は、翌1973年正式に大洋の監督に就任しました。この年は、巨人のV9最終年であり、セ・リーグの戦力はかなり拮抗していました。青田昇も、監督代行時代とは異なりロケットスタート。5月には8連勝と大洋は首位に躍り出ました。しかし6月7月で、14もの借金をつくり、青田昇は最下位に落ちて前半戦を終了。後半戦、最下位ながらも、一転して大きく勝ち越して青田昇は優勝戦線にとどまりました。9月初頭には、たった2日で6位から2位に浮上し、まさに混戦セ・リーグを盛り上げました。しかし大事な終盤に6連敗を喫し青田昇は、最終的に5位でシーズンを終了。優勝した巨人との差はたったの5ゲームでしたが、青田昇は退団を申し入れました。

その後しばらく現場に戻らなかった青田昇でしたが、1980年に巨人のヘッドコーチに就任。後の巨人の主力選手の多くを輩出した、伝説の伊東キャンプにおいて、青田昇は熱血指導を披露しました。以後は、一度も現場に戻ることなく、青田昇は1997年肺癌のため帰らぬ人となりました。そこから11年後の2009年、青田昇は野球殿堂入りを果しました。

写真館
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (4/24)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する