秋山登の監督としての活躍について

秋山登は、球団創設初優勝の立役者です。ルーキーからエースとして大活躍した秋山登は日本シリーズでも4連勝で日本一に貢献。太く短いプロ人生だった秋山登は、現役引退後、コーチを経て、満を持して大洋の監督に就任しました。しかし、秋山登を監督に立てても、再びBクラスの低迷期間を抜け出すことはできず、2年で退任することになりました。

BBCrix編集部

秋山登の監督・コーチ歴について

秋山登の指導者歴

1968年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1969年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1970年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1971年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1972年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1973年 秋山登:大洋ホエールズ一軍投手コーチ
1974年 秋山登:大洋ホエールズ一軍ヘッドコーチ
1975年 秋山登:大洋ホエールズ一軍監督
1976年 秋山登:大洋ホエールズ一軍監督
1977年 秋山登:大洋ホエールズ二軍監督

秋山登の監督成績

通算2年 Aクラス0回
1975年 大洋ホエールズ 秋山登 130試合51勝69敗10分 勝率.425 5位
1976年 大洋ホエールズ 秋山登 130試合45勝78敗7分  勝率.366 6位

球団創設初優勝の原動力だった秋山登だが、監督としては振るわず

秋山登が大洋ホエールズに入団したのは、1956年。バッテリーを組んでいた土井淳らとともに、明大五人衆の一人として一気にチームに入りました。秋山登が入団以前から、大洋は最下位街道を爆走中。そんな中、秋山登はいきなりエースとして25勝をマークするなど新人王を獲得。その後も、秋山登はチームに不在だった大黒柱となりましたが、1959年まで6年連続最下位に甘んじていました。しかし1960年、三原脩監督が就任すると一気にチームは優勝争いを演じました。秋山登は最高勝率のタイトルを獲得し、大洋のセ・リーグ初制覇に貢献。日本シリーズでも秋山登はオールリリーフで4連投し、チームは4連勝で日本一まで上り詰めました。独特のアンダースロー投手・秋山登は、9年で181勝を積み上げました。しかし長年の酷使がたたり、1965年一気に不調に陥った秋山登は200勝目前で引退を余儀なくされました。

その後1968年から、秋山登は大洋の投手コーチに就任。打撃力があった大洋において、1969年にはチーム防御率が2位、1971年には1位と、秋山登はコーチとしても貢献しました。この3年間の大洋は、すべてAクラス3位とセ・リーグにおいて善戦していました。しかしそこから、チーム防御率は悪化し、秋山登のコーチもむなしく1973年、1974年と2年連続で防御率リーグ最下位に終わり、チームも5位に低迷していました。秋山登が監督に就任したのは、このように大洋が再び暗黒時代に入ろうとしていた時でした。それでも前年に巨人のV9が途切れていたこともあって、秋山登も期待を持って1975年シーズンが開幕しました。秋山登は、巨人との開幕3連戦を2勝1分けと好スタートを飾ります。4月末も4連勝と、秋山登は2位をキープ。さらに巨人に連勝すると、5月初頭ながら秋山登はセ・リーグ首位に躍り出ました。しかし、秋山登は4月で稼いだ貯金を、5月の借金で使い果たし、トータルでも借金生活に突入。順位も一気に5位と低迷しました。大洋は、松原誠、ジョン・シピンを筆頭に本塁打は多く出ましたが、チーム打率はそれほどではありません。さらに秋山登にとっての誤算は、エース平松正次でそれほど貯金を作れなかったことでした。秋山登は6月、7月も負け越して順位は変わらず5位で前半戦を終了。後半戦がスタートして、秋山登は4勝2敗で7月の残試合を乗り切ると、8月も何とか勝ち越しました。しかし大事な終盤の9月、秋山登は5勝14敗3分けと大きく負け越し。V9が途切れた巨人が、大きく低迷し初の最下位となりましたが、秋山登の大洋も首位と21.5ゲーム差の5位で初のシーズンが終了しました。

低迷打破を目標に、1976年シーズンに挑んだ秋山登でしたが、前シーズンは低迷の入り口に過ぎませんでした。この年の大洋は、4月に8連敗を喫するなど、秋山登は開幕スタートに失敗。早くも4月末で最下位と、秋山登は苦しい戦いを強いられました。開幕から4ヶ月連続負け越しと、秋山登の借金は膨れ上がって生きます。最後も6連敗で終わり、25勝43敗5分の勝率.342の5位で前半戦を終えました。後半戦も秋山登は9連敗を喫し、最下位に転落。狂った歯車は、終盤になっても戻ることはありませんでした。チーム防御率はリーグ5位の4.45。エース平松そして奥江秀幸がともに17敗でリーグワーストを記録。先発陣で貯金を作った投手が一人もいなくては、秋山登としてもやりようがありませんでした。秋山登は1976年シーズンを、45勝78敗7分の勝率.366で最下位に終わりました。優勝を奪還した巨人とのゲーム差は、32ゲームと秋山登が入団した当初の低迷期の数字に近づいてしまいました。2年の監督生活で、5位、6位とチームを暗黒時代に引き戻した責任を負い、秋山登は監督を辞任。それでも、秋山登は翌年二軍監督を任されるほど、オーナーには信頼されていました。以後、秋山登が現場に戻ることはありませんでした。1988年、横浜が球団創設2度目の優勝を見届けると、2000年死去。享年66歳でした。

秋山登「自分のものにしてしまえば、上手も下手も変わらない」 | 週刊ベースボールONLINE
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (4/23)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する