関根潤三の監督としての活躍について

現役時代の前半は投手、後半は打者として二刀流を実現した関根潤三。2リーグ制以降で唯一の通算50勝、1,000本安打達成者です。指導者になると、若手育成の第一人者となりました。セ・リーグのみとなりましたが広島では黄金時代の主力たちを育て、横浜大洋、ヤクルトでは監督を歴任し、後の主力選手を数多く確立させました。

BBCrix編集部

関根潤三の監督・コーチ歴について

関根潤三の指導者歴

1970年 関根潤三:広島東洋カープ一軍打撃コーチ
1975年 関根潤三:読売ジャイアンツヘッドコーチ
1976年 関根潤三:読売ジャイアンツ二軍監督
1982年 関根潤三:横浜大洋ホエールズ一軍監督
1983年 関根潤三:横浜大洋ホエールズ一軍監督
1984年 関根潤三:横浜大洋ホエールズ一軍監督
1987年 関根潤三:ヤクルトスワローズ一軍監督
1988年 関根潤三:ヤクルトスワローズ一軍監督
1989年 関根潤三:ヤクルトスワローズ一軍監督

関根潤三の監督成績

通算6年 Aクラス1回
1982年 横浜大洋ホエールズ 関根潤三 130試合53勝65敗12分 勝率.449 5位
1983年 横浜大洋ホエールズ 関根潤三 130試合61勝61敗8分  勝率.500 3位
1984年 横浜大洋ホエールズ 関根潤三 130試合46勝77敗7分  勝率.374 6位
1987年 ヤクルトスワローズ 関根潤三 130試合58勝64敗8分  勝率.475 4位
1988年 ヤクルトスワローズ 関根潤三 130試合58勝69敗3分  勝率.457 5位
1989年 ヤクルトスワローズ 関根潤三 130試合55勝72敗3分  勝率.433 4位

どの球団でも監督、コーチとして後の主力選手を育成した元祖二刀流の関根潤三

関根潤三|横浜ベイスターズの事ばかり考える日々

東京出身の関根潤三は、日大三中(現・日大三校)で後の球界の仕掛け人・根本陸夫とバッテリーを組みました。甲子園出場は叶いませんでしたが、関根潤三は根本とともに法政大に進学するとエースとして活躍。関根潤三は3年時に戦後法政の初優勝に貢献。4年には史上最多の登板数をこなし史上5位の41勝をマークしました。関根潤三の活躍は投手だけにとどまらず4番として93安打も記録しました。関根潤三は、高校、大学時代の恩師・藤田省三が監督をしていた近鉄パールスに入団。1951年、1953年には関根潤三が開幕投手を務めるなど、当時弱小だった近鉄のエースとして活躍し65勝をマークしました。しかし肩を痛め、関根潤三は1958年以降、完全に打者に転向します。長打力は乏しいものの、シュアな打撃を披露し、1962年には初の打率3割も記録しました。現役最終年となった1965年、関根潤三は巨人に移籍。16年目38歳にして、関根潤三は優勝を味わい現役引退しました。関根潤三は、投打で実績を残した稀有な選手であり通算50勝に1,000本安打を達成。オールスターでも投打で出場した始めての選手でした(2015年に大谷翔平が史上二人目の選出)。

関根潤三の指導者人生は、1970年にスタートします。高校、大学とバッテリーを組んでいた根本氏からの要請で広島カープの一軍打撃コーチに就任。関根潤三は1年だけの就任でしたが、チームは前年最下位から4位に躍進。しかも関根潤三は、山本浩二・衣笠祥雄・三村敏之・水谷実雄ら広島黄金時代の主力たちを育成していました。1975年、関根潤三は親交のあった長嶋茂雄の要請により、巨人のヘッドコーチに就任。しかし巨人の球団として初の最下位に沈み、関根潤三は責任を取る形で翌年は二軍監督に降格しました。

さらに5年後に、関根潤三は横浜大洋ホエールズの監督を任されることになりました。実のこの裏には、横浜が長嶋茂雄氏の監督招聘をもくろんでおり、その一環としてまず親交が深い関根潤三氏を監督に迎えたのでした。しかしこの計画は実現せず、関根潤三は3年間横浜大洋の監督を歴任。1年目の関根潤三は、6月末まで5割でしのぎ、順位も2位をキープ。しかし夏場以降に負け越した関根潤三は、借金12で5位と前年の最下位から抜け出すのがやっとでした。2年目の1983年、関根潤三は最悪のスタートとなりました。4月5月で借金10を背負った関根潤三は、ようやく6月から巻き返します。以後一度も月間負け越しすることなく踏ん張り、終盤の9月には怒涛の8連勝。終わってみれば、関根潤三は勝率5割で4年ぶりのAクラス3位にチームを導きました。さらなる期待がかかった3年目、関根潤三は一転して月間勝ち越しを一度も実現できませんでした。オールスター明けまで、何とか5位で粘っていた関根潤三でしたが、8月に最下位に落ちると一度も浮上することなくシーズンを終えました。ジェットコースターのような順位変動でしたが、関根潤三は横浜大洋でもしっかりと主力を育てていました。投手の軸となった遠藤一彦は1983年からエースとして2年連続最多勝に最多奪三振。関根潤三は、監督就任した1983年から屋鋪要、高木豊を使い続けレギュラー格に成長させました。そして同年、関根潤三はレオン・リーと加藤博一をトレードで獲得するなど、後の主力の育成には時間をかけました。1984年、屋敷、加藤、高木でスーパーカートリオを形成しますが、いずれも関根潤三による抜擢の選手でした。

解説者時代を経て、1987年から関根潤三はヤクルトスワローズの監督に就任。それまで6年連続Bクラスのチームを率いましたが、関根潤三も就任3年間でオールBクラス。しかし、その後野村克也監督によって黄金時代を迎える主力たちを着実に育成していました。若手だった池山隆寛や広沢克己を使い続けレギュラー選手に育て上げたのです。投手陣でも、内藤尚行・伊東昭光らを積極的に起用し、栗山英樹、荒井幸雄、秦真司、笘篠賢治らクリーンナップの脇を支える選手たちも辛抱強く起用して花を開かせました。関根潤三は6年の監督生活でAクラスはたった1度に終わりました。しかし若手の人材育成という意味では、一目を置かれる存在となったこともゆるぎない事実です。

【根本陸夫伝】 「強いチームを率いるのはヘタ」と自認していた男|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|Baseball
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (4/24)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する