江尻亮の監督としての活躍について

高校、大学時代は投手、プロに入ると打者転向しクリーンナップまで打った江尻亮。選手としても1,000本安打を放ち、歴史に名を残しましたが、江尻亮の指導者としての実績も数字に表れないですが素晴らしいものがあります。江尻亮のスカウトとしての素質を見抜く目、そして代行監督時代の好成績に、ファンを敵に回すという逆境での江尻亮の成績はもっと評価されていいはずです

BBCrix編集部

江尻亮の監督・コーチ歴について

江尻亮の指導者歴

1980年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ一軍打撃コーチ
1981年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ一軍打撃コーチ
1982年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ二軍打撃コーチ
1983年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ二軍打撃コーチ
1984年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ二軍打撃コーチ
1985年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ二軍監督
1986年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ二軍監督
1990年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ一軍ヘッドコーチ
1991年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ一軍ヘッドコーチ
1992年 江尻亮:横浜大洋ホエールズ一軍ヘッドコーチ
1995年 江尻亮:千葉ロッテマリーンズ二軍ヘッドコーチ(途中より一軍ヘッドコーチ、監督)
1996年 江尻亮:千葉ロッテマリーンズ一軍監督

江尻亮の監督成績

通算1年 Aクラス0回(代行監督時代は数字に含めず)
1992年 横浜大洋ホエールズ 江尻亮 109試合54勝54敗1分 勝率.500 5位
(須藤豊監督の休養により監督代行に就任)
1996年 ロッテオリオンズ  江尻亮 128試合60勝65敗3分 勝率.480 5位
(8月23日から29日はヘッドコーチの江藤省三が監督代行)

江尻亮の指導者評価は、監督成績2年でともに5位に縛られるべきではない

インタビュー・薮田安彦 見つけた居場所 | 週刊ベースボールONLINE

江尻亮は日立一高時代エースとして甲子園を目指しましたが、叶いませんでした。早稲田大学に進学すると江尻亮は3年から頭角を現し、チームの優勝に貢献。そして卒業後の1965年、投手として大洋ホエールズに入団しました。しかし江尻亮は2年間で0勝であり投手に見切りをつけました。1967年から江尻亮は打者転向するといきなり左翼手レギュラーを確保するばかりか、クリーンナップに定着します。江尻亮はチームの久々のAクラス入りに大きく貢献しました。選手時代晩年、学生時代に続き、江尻亮は頭部に死球を受け生死をさまよいました。何とか意識は戻ったものの江尻亮の選手生命は短くなり、1979年現役引退しました。それでも大卒でプロ入り後に打者転向したにもかかわらず、江尻亮は1,000本安打を達成した数少ない選手でした。

時をおかず、江尻亮はそのまま横浜大洋のコーチに就任。1985年から、江尻亮は二軍監督も2年務めましたがその後はスカウトに転進しました。すると江尻亮は才能を発揮し、後のチームの主力に成長する進藤達哉・石井琢朗を見出しドラフト外で入団させました。1990年から横浜の指揮を執ることになった須藤豊監督のもとで、江尻亮はヘッドコーチに就任。前年からの勝率アップに貢献しました。

1992年5月はじめに成績不振で須藤監督が休養すると、江尻亮が5月3日から監督代行としてシーズン終了まで指揮を執りました。江尻亮は、早速チーム改革に乗り出し、先発投手だった盛田幸妃を中継ぎに転向させ、佐々木主浩とのダブルストッパーを確立。さらに盛田幸妃を中継ぎに転向させ、遠藤一彦を先発に再コンバート。そして江尻亮は自身が発掘した石井を、野手転向後にも関わらず多くの試合で起用しました。江尻亮はシーズンを5位で終わりましたが、若い選手たちが活躍して江尻亮自身の成績は54勝54敗1分の勝率5割でした。その後、江尻亮が継続して監督を務めてほしいという声もありましたが、それは実現しませんでした。

1995年から江尻亮は早大先輩の広岡達郎に誘われ千葉ロッテマリーンズに入閣しました。その年から広岡は日本初のゼネラルマネージャーに就任し、監督にメジャー実績のあるボビー・バレンタイン氏を起用。江尻亮は当初二軍ヘッドコーチでしたが、シーズン途中から一軍ヘッドコーチに昇格。そしてチームは大躍進を遂げ、10年ぶりのAクラス2位を果しました。しかし、広岡GMとバレンタイン監督とはそりが合わず、急転直下で監督は解任されファンの苛立ちは最高潮に達します。こんな中、千葉ロッテの後任監督に江尻亮が就任しました。前年に活躍した伊良部秀輝、エリック・ヒルマンは揃って好調を維持。しかし打撃陣が揃って不調に陥り、5月中旬以降、江尻亮はなかなか上位進出ができません。シーズン終盤の8月下旬、江尻亮は緊急入院となり一時休養。江尻亮の監督代行としてヘッドコーチの江藤省三が1週間だけ指揮を執りました。その後復帰し、江尻亮は最後まで監督の仕事を全うし、シーズンを60勝67敗3分の5位で終了しました。勝率5割も達成できませんでしたが、江尻亮監督の手腕は買われ、翌年以降も監督を務めることがほぼ決定していました。しかしファン離れは顕著であり、球団は広岡GMを解任。そのため江尻亮も監督を退くことが決定しました。きちんと準備された上で、江尻亮が複数年チームの指揮を振るうという期間を見てみたいと思う野球ファンは必ずいるはずです。

【ブログ開設5周年・特別企画】〔1992~2014マリーンズ観戦成績・総合編〕|方舟鉄道「かもめ26号」
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

昨日の試合 (6/26)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する