黒江透修の監督としての活躍について

輝かしい巨人V9の歴史。その中心はもちろんONでしたが、見逃せないのが鉄壁な守備陣でした。黒江透修は、1966年に遊撃手のレギュラーを奪うと、長嶋茂雄と三遊間を組み優勝に貢献し続けました。V10を逃した1974年に現役を引退した黒江透修でしたが、指導者となると名参謀となりました。古巣含めて4球団で優勝に貢献する働きを見せました

BBCrix編集部

黒江透修の監督・コーチ歴について

黒江透修の指導者歴

1975年 黒江透修:読売ジャイアンツ一軍守備・走塁コーチ補佐
1976年 黒江透修:読売ジャイアンツ一軍守備・走塁コーチ
1977年 黒江透修:読売ジャイアンツ一軍守備・走塁コーチ
1978年 黒江透修:読売ジャイアンツ一軍守備・走塁コーチ
1981年 黒江透修:中日ドラゴンズ一軍打撃・走塁コーチ
1982年 黒江透修:中日ドラゴンズ一軍打撃・走塁コーチ
1983年 黒江透修:中日ドラゴンズ一軍打撃・走塁コーチ
1984年 黒江透修:西武ライオンズ二軍総合コーチ
1985年 黒江透修:西武ライオンズ一軍総合コーチ
1990年 黒江透修:西武ライオンズ一軍ヘッドコーチ
1991年 黒江透修:西武ライオンズ一軍ヘッドコーチ
1992年 黒江透修:西武ライオンズ一軍ヘッド兼打撃コーチ
1993年 黒江透修:西武ライオンズ一軍ヘッド兼打撃コーチ
1994年 黒江透修:西武ライオンズ二軍監督
1996年 黒江透修:千葉ロッテマリーンズ二軍監督
1998年 黒江透修:福岡ダイエーホークス一軍助監督兼打撃コーチ
1999年 黒江透修:福岡ダイエーホークス一軍助監督兼打撃コーチ
2000年 黒江透修:福岡ダイエーホークス一軍助監督兼打撃コーチ
2001年 黒江透修:横浜ベイスターズ一軍ヘッドコーチ
2002年 黒江透修:横浜ベイスターズ一軍ヘッド兼打撃コーチ
2008年 黒江透修:西武ライオンズ一軍ヘッドコーチ

黒江透修の監督成績

通算0年 Aクラス0回(監督代行のため数字含めず)
2002年 横浜ベイスターズ 黒江透修 14試合6勝8敗 勝率.429
(森祇晶監督の休養後の監督代行)

現役時代、守備で巨人を支えた黒江透修は、数々の球団で優勝を支えた名参謀に転身

G.G.佐藤、連日の一撃で今日もG倒!帆足無傷の5勝 | KINTYRE’S DIARY~旧館 - 楽天ブログ

黒江透修は鹿児島高校を卒業後、7年半もの間社会人でプレーしていました。決して裕福ではなかった黒江透修は、都市対抗の補強選手として出場した試合で目を見張る活躍を見せます。黒江透修は熊谷組の選手として8打数8安打を記録し、スカウトの目に留まります。そして1964年、26歳の黒江透修は巨人に入団。当時、巨人の遊撃手には広岡達郎がレギュラーとして君臨していました。その広岡に指導を仰いだ黒江透修は、持ち前の打撃力もあって1966年には広岡からレギュラーを奪っていました。この年は、巨人V9の2年目でしたが、以降、黒江透修は長嶋茂雄と三遊間を組み、華麗な守備でチームを支えました。江夏豊に最も守備が上手い男と称された黒江透修は、1968年にベストナインを獲得。前年からほぼ毎年フル出場して、V9を影ながら支えました。プロ入りが遅かったこともあって、衰えが早く、黒江透修はV10を逃した1974年に長嶋らとともに現役を引退しました。

引退後、黒江透修は翌年から指導者として第二の野球人生をスタートさせます。引退後即監督に就任した長嶋を支え、1976年からの2連覇に貢献。1981年からは、近藤貞雄が監督を務める中日のコーチに就任。近藤監督は通算で9年監督を務めていますが、優勝したのは黒江透修が参謀だった中日時代の1982年だけでした。1984年からは、師匠・広岡が監督を務める西武でコーチに就任。ここでも、黒江透修は2年目の1985年の優勝に貢献しました。さらに1990年からは森祇晶が広岡から引き継いだ西武でもヘッドコーチに就任。当時は、まさに西武黄金時代であり、この年からリーグ5連覇にまたしても貢献しました。1996年に千葉ロッテマリーンズ二軍監督を1年務めた後、黒江透修は1998年から王貞治が監督を務める福岡ダイエーホークスの助監督兼打撃コーチに就任しました。1995年から徐々に戦力をアップしてきたチームに、黒江透修が参謀として加わると、1999年(日本一)、2000年とリーグ連覇を達成しました。

ここまで黒江透修は、近藤以外は、巨人V戦士だったかつての同僚が監督を務めるチームに参謀として仕えていました。2001年からは、森祇晶が初のセ・リーグ初の指揮となる横浜ベイスターズ監督に就任すると、黒江透修がヘッドコーチに招聘されました。1年目は、低迷するチームをAクラス3位と健闘しましたが、主力がごっそり抜けた2002年は、名将森とはいえ相当な負けが込んでしまいました。4月早々に最下位に転落すると、まれに見る敗戦が続き、森監督はシーズン終了間際に事実上の解任となる休養となりました。ここで残り試合の監督代行を任されたのが、黒江透修でした。黒江透修は14試合を6勝8敗と勝率3割台のチームで健闘し、シーズンを終えます。この年で森監督は退任し、黒江透修もチームを去りました。

2008年にも、黒江透修は新任の渡辺久信が監督を務める西武に1年だけヘッドコーチとして参画します。見事優勝を勝ち取りましたがこの年で退任。以後、2016年まで、黒江透修は現場に戻ってはいません。21年間に及ぶ指導者人生で、4球団で12度の優勝、4度の日本一と、黒江透修の参謀貢献度は計り知れません。

スポニチ Sponichi Annex プロ野球選手名鑑— スポニチ Sponichi Annex 野球
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

昨日の試合 (6/26)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する