DeNA・山﨑康晃 プロフェッショナルとしての心技体(前編)

2016年シーズン、横浜DeNAベイスターズの守護神として不動の地位を築き上げたと思っていた山﨑康晃は、まさかのスランプに陥り苦しさのなかでもがいていた。2年目のジンクスに立ち向かった激動の日々、そして乗り越えた先に見えた景色とは――。3年目のシーズンを目の前にして、プロとしての生き様を語る。

石塚 隆

コメント (2)

  • Matsuda Fuyuki

    3/9 13:04

    プロのレベルにまで達すると、技術の差というより、持っている技術をいかに100%で発揮出来るか。そしてそのコントロールをしていくハンドルがメンタルになるんでしょうね。

    もっと見る
  • Baseball Crix 編集部

    3/9 14:07

    一年目で確立したと思われた守護神の座、しかし、そこで立ちはだかった二年目のジンクス。山崎選手が語る苦しみとは。

    もっと見る

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (4/24)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する