▼侍ジャパン主なスタメン愛車ラインナップ

1(D)山田哲人
2(二)菊池涼介
3(右)青木宣親
4(左)筒香嘉智
5(一)中田翔
6(遊)坂本勇人
7(三)松田宣浩
8(中)秋山翔吾
9(捕)小林誠司
(投)菅野智之

【1番】アウディ「Q7」約950万円

山田哲人(DH/ヤクルト)年俸3.5億円

史上初の2年連続トリプルスリーを達成した現役最強の5ツールプレイヤー。現在24歳とまだ成長過程。世界舞台で爆発し、さらなる進化を遂げる。主に「DH」での出場が濃厚。どの役割、どの打順でも日本のために攻め続ける。
WBC1次ラウンドでは打撃が低迷していたが、2次ラウンドのキューバ戦で価値ある2本塁打を放ち、完全復活を果たした。

アウディは約1000万円の高級車だが、噂によるとベントレーに替え変えたようだ。

プロ野球史上最もエキサイティングなプレーヤー・山田哲人|Bassball Crix

昨季、トリプルスリーを達成した柳田悠岐(ソフトバンク)と山田哲人(ヤクルト)。2年連続の大記録という期待もあるなか、柳田はケガの影響もあり本領発揮とはいかないが、一方の山田は好調をキープ。開幕からここまでの成績を振り返りながら、山田哲人という選手が秘めている無限の可能性を探る。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【2番】ポルシェ「カイエン」約1400万円

菊池涼介(二/広島)年俸1.45億円

縦横無尽なプレーで攻守においてチームに貢献する不出世の二塁手。守備範囲の広さは球界随一。昨季は打撃絶好調でリーグ最多安打を記録。2番打者としてもミート力、パンチ力、小技を全て兼ね備えている。
侍ジャパンに忍者がいると米メディア驚愕!メジャーでもナンバーワンの名手と言われる遊撃手シモンズも、オランダベンチで思わず拍手を送った超人的なファインプレーを魅せた。

以前の愛車はアウディQ7で約870万円。大きな車体ながら、機敏性が魅力の車であったが、広島25年ぶりの優勝を記念にポルシェ・カイエンGTSに乗り換えている。

メジャーからラブコール!菊池涼介が評価されるワケ|Bassball Crix

メジャーリーグのスカウトから今すぐにでもメジャーで1番の2塁手になれると言われた男「菊池涼介」。元ヤクルトの宮本慎也からもプロで一番うまいと言われる菊池涼介の守備はどうやってできたのであろう。「すぽると」の企画でプロ野球選手100人選び守備がうまい選手の1位に輝いた菊池涼介の守備と、2014年に.325を残した打撃について迫っていきましょう。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【3番】ランドローバー「レンジローバー」約1000万円

青木宣親(右/アストロズ)年俸6.3億円

日本プロ野球で年間200安打を2度成し遂げた安打製造機。2度の世界制覇経験者、そして唯一の日本人メジャーリーガーとしてWBCに参戦している。WBCで2度の優勝と海外でのプレー、対戦選手の情報も知る青木の存在は、非常に頼りになる。
侍ジャパンでは、青木の言動が大きい!WBC初代表が22人もいて、首脳陣も経験が浅いため青木が頼りになっている。

いかにもアメ車!ヤクルト時代にレンジローバーに乗っていた模様。現在は、リンカーン「ナビゲーター」に乗り換えたそうだ。

「MLB以外でプレーしている選手の中で最高の選手」と称され、スカウトから狙われ続けた青木宣親|Bassball Crix

青木宣親はNPBで通算打率.329を記録し、首位打者を3度獲得。常に安打を量産することから「安打製造機」と称された。当時、青木宣親はメジャーのスカウト達から「MLB以外でプレーしている選手の中で最高の選手。めっきり少なくなった理想的なリードオフマン」「パワー以外のすべてを兼ね備える。コンタクト能力に秀でており、2番打者として理想的な選手」と評されていた。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【4番】キャデラック「エスカレード」約1200万円

筒香嘉智(左/DeNA)年俸3億円

凄みを増す和製大砲。年々進化を続けてきた中で、今季は44本塁打&110打点で2冠王に輝き、自らの地位を不動のものにした。左打席からの驚弾が、今度は世界舞台で炸裂する。2冠を獲得しても、妥協することなく、理想の打撃を追い求める。打席での存在感は他の追随を許さない。
WBCの大会3本塁打以上は19人目で、日本人打者では06年多村、今大会の中田に並び最多。25歳で3発以上は19人の中で大会史上最年少だ。

現在は、昨年購入したばかりのレンジローバーに乗り換えている。
ボリューム感がハンパなく、筒香の体にピッタリ!価格は約3100万円するそうだ。

ハマの大砲・筒香嘉智の覚醒はレストスタンドの開拓にあり 野球アナリストが気になる選手&チームを数字で斬る! Vol.020|Bassball Crix

今季、球団初となるクライマックスシリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズ。その中心にいたのは間違いなくこの男、筒香嘉智だろう。2014年に初めて3割20本を記録して以来、3年連続で打撃三部門のキャリアハイを更新。今季は本塁打がほぼ倍に増え、打点と合わせて二冠に輝くなど主砲として目覚ましい成長を見せた。今回はその本塁打に目を向け、筒香の長打力アップの理由を数字で斬る。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【5番】レクサス「LS600hs」約1500万円

中田翔(一/日本ハム)年俸2.8億円

豪快なスイングで大飛球を放つ侍ジャパンの主砲。一発長打のみならず、チャンスではチームバッティングに徹し、昨季は自己最多の110打点で2度目の打点王に輝いた。
WBCで日本人初の3試合連続本塁打をマークするなど勝利に貢献した。打ったシーン全てが試合を左右する重大な場面で、日本中を感動させてくれている。中田が打てば、チームは必ず勢いづく。

中田が愛車を売ろうとするCMが一時期話題になった。ティーバイティーガレージの中古自動車買取企業のCMの中で突撃鑑定を受けてランボルギーニを売却した。売ろうと思った理由がなんと「不便だから」というのが驚き!現在は、レクサスに乗っている。

侍JAPANの4番は俺だ!球界を代表するスラッガーを目指す中田翔を徹底解剖|Bassball Crix

北海道日本ハムファイターズの主砲からJAPANの主砲へと成長したな中田翔選手。2015年に行われたプレミア12での中田翔選手の活躍は記憶に新しいところです。大阪桐蔭高時代から常に注目され続けてきた中田翔選手を徹底解剖します。これを読めば中田翔選手通になることまちがいなしです。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【6番】マセラティ「車種不明」約2500万円

坂本勇人(遊/巨人)年俸3.5億円

進化を遂げた天才遊撃手。プロ10年目の今季は打率.344で自身初の首位打者に輝くとともに初のゴールデングラブ賞も受賞。侍ジャパンでも不動の存在だ。天性の打撃センスに磨きをかけ、世界一奪還の旗手となるべく準備を常に整えている。
青木は、坂本の声かけのタイミングなどリーダーシップ面を称賛している。
また、試合を重ねるごとに状態が上がってきているため、準決勝以降も期待!

「マセラティ」も年代や種類によって値段が変わるが、相場的にはだいたい1500万円~2500万円くらい。
将来の愛車にしたい車はベントレーだとか!

【7番】キャデラック「エスカレード」約1200万円

松田宣浩(三/ソフトバンク)年俸4億円

パンチ力が光るクラッチヒッター。無類の勝負強さに加え、三塁&ベンチから大声を張り上げるムードメーカーとしても欠かせない存在。「熱男」としてチームを引っ張る。経験と積極性に加え、強肩を生かした三塁守備にも期待。世界一奪還へのムードは、この男が作る。
スタメン外れたときでもベンチでチームを盛り上げた!侍ジャパンが2大会ぶりに世界一に輝くためにも、松田の“声”は非常に重要になってくるだろう。

エスカレードはの価格は、1200万円するほどの高級車。愛車が週刊誌「フライデー」で公開されたこともあるという。

ケンケンで調子が分かるって本当!?鷹のリーダー松田宣浩|Bassball Crix

10年代の最強チームと言われると間違いなくあなたも、ソフトバンクホークスをあげるだろう。そのチームにあって精神的支柱の背番号5番松田宣浩とはどういった選手なのか?熱いプレーでチームを引っ張る松田宣浩。松田宣浩の特徴はなんといって、ここ一番の場面にめっぽう強いところだろう。またカブレラに「アタマチョットバカ」と言われる天然気質のお茶目な部分も松田宣浩の魅力。多彩な才能に彩られた松田宣浩をご紹介しよう。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【8番】トヨタ「ランドクルーザー」約700万円

秋山翔吾(中/西武)年俸2億円

左打席から巧みなバットコントロールを見せる球界屈指のヒットメーカー。15年には日本最多記録となるシーズン216安打をマークした。
侍ジャパンの仕事人として、前後の展開を考えて何をすべきかを考える、最強の8番!
自身初のWBCでは外野の一角として期待されている。その巧みなバットコントロールだけでなく、守備、走塁面も世界舞台で大きな武器になる。

ランドクルーザーは、世界で最も知名度の高いSUVのひとつともいわれ、その耐久性は世界中で高い評価を受けている。
秋山は以前まで、レクサスLXに乗っていた。国産車が好みと思われる。

野球アナリストが気になる選手&チームを数字で斬る! Vol.01 シーズン最多安打記録保持者・秋山翔吾(西武)の“変化”|Bassball Crix

昨季、シーズン216安打を記録しシーズン最多安打記録を樹立した西武ライオンズの秋山翔吾。フルイニング出場も達成し、チームがいちいち波に乗り切れないなかで、その存在感を大いに示した。いまやライオンズにとどまらず、日本のプロ野球を代表する打者に成長した秋山翔吾の今季これまでを数字で斬る。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【9番】ポルシェ「カイエン」約1000万円

小林誠司(捕/巨人)年俸5000万円

強気のリードと強肩が魅力の秀才捕手。昨季の盗塁阻止率.356は断トツの12球団トップ。
WBCの日本代表に選出された当初は、「菅野の専属捕手」「保険の保険の第3捕手」と揶揄されていたが、肩の強さを評価され、侍ジャパンの正捕手に選出。さらに「陰のMVP」として活躍している。強敵撃破のカギを握る男はラッキーボーイである小林なのかもしれない。

愛車はポルシェのカイエン、1000万円はする超高級車だが、実はポルシェに乗ると、故障などの不幸に見舞われるという"不吉なジンクス"が巨人にあるそうだ。

宮澤智アナと交際は順調?イケメンキャッチャー小林誠司の実力は|Bassball Crix

阿部慎之助の代わり、2016年の開幕マスクを被った小林誠司。この若手イケメン捕手がどの様にして、プロに入ったのか。また小林誠司が球史を代表する捕手という評価を受ける「打てる」キャッチャー阿部慎之助に追いつくには何が必要なのか?プラベートな話題とともに迫っていこう。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

【投手】ポルシェ「カイエンターボ」約1800万円

菅野智之(投/巨人)年俸2.3億円

飽くなき向上心で進化を遂げてきた秀才右腕。昨季は防御率2.01で自身2度目の最優秀防御率のタイトルを獲得した。侍ジャパンでも先発の柱の一人として大きな期待を背負う。
日本の投手は世界クラスだと見せつけるチャンス。しっかりピッチャーで勝つと強い気持ちで臨む侍ジャパンの菅野。
自身初のWBCへ向けて新球チェンジアップの習得に努めるなど余念がなかった。準決勝戦以降も日の丸を背負い、エースの自覚を持って、世界舞台のマウンドに立つ。

『小さい車で東京ドームの駐車場に入って来るような選手になるな』と阿部から厳命され、高級車を購入した。
阿部は、プレー以外のところでも“プロ野球選手という職業に憧れを感じさせる振る舞いをしろ”ということを若い選手に伝えている。

ダントツの防御率!人気は低いが打たれた無い菅野智之ピッチングの秘密|Bassball Crix

巨人のエースであり、現在は日本球界を代表する先発投手と言っても過言ではない菅野智之。原監督の甥っ子という血筋が有名な菅野智之。巨人への入団経緯などから、圧倒的なピッチングの割には人気がないと言われる菅野智之の本当の実力を掘り下げてみよう。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)

▼意外にもあの選手の愛車は‥‥?

日本人最後の三冠王!!松中信彦(元ソフトバンク)

ダイハツミラ!!!!
実家で大切に乗っているそうだ。

2億円減棒を経験した最後の三冠王松中信彦|Bassball Crix

松中信彦は現在において最後の三冠王であり、一時代を築いた日本人最高バッターのひとりだ。しかし、松中信彦の引退時にはその活躍には見合わない幕引きとなった。松中信彦ほどの選手なら派手な引退試合や、引退後の球団コーチングスタッフ入りに解説者など、現役を離れても活躍の場はありそうだが、今のところはあまり松中信彦を見かけることはない。ではこの天才バッター松中信彦の野球人生を振り返ってみよう。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)


MLBシーズン最多安打記録保持者!!イチロー(マーリンズ )

日産マーチ!!!!!!
若かりし頃のイチロー選手が乗っていたのが、日産「マーチ」
「日本一早い男・星野一義」チューニングの300psエンジンを搭載。改造費用は1,000万円超!ポルシェをもしのぐ走りのお化けマーチだそうだ。

イチローとWBC。日本の強さを世界に知らしめた男の功績|Bassball Crix

イチロー選手は高校時代から活躍しオリックス・ブルーウェーブを経て海を渡りました。イチロー選手は各国のリーグ戦だけでなく国別の対抗戦であるwbcでも活躍しています。今回はwbcでのイチロー選手を振り返ってみたいと思います。

Baseball Crix(ベースボールクリックス)
BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部