エンターテイナー川崎宗則はやはり人気者!オールスター出場も!?

前向きな姿勢と諦めない姿が改めて共感を呼ぶ川崎。尊敬するイチローを追いかけメジャー挑戦を果たした。 持ち前の前向きさで奮起し、チームに欠かせない愛すべきキャラクターを確立。無念のマイナー降格も再昇格を繰り返してきたが、2017年開幕直前にカブスに契約を解除され、ソフトバンクに6年ぶりに復帰することが決まった。

BBCrix編集部

福岡ソフトバンクホークスで活躍した川崎宗則

川崎宗則[5351481] | 完全無料画像検索のプリ画像

川崎宗則は高校時代、全国的には無名の選手だった。しかし「薩摩のイチロー」と呼ばれるなど九州地方では有名な選手となっていた川崎宗則は、1999年のドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから4位での指名を受け、プロ入りを果たした。

2002年から1軍に定着。翌2003年にはレギュラーとなり、打率2割9分4厘、盗塁30個という好成績を記録する。一気にブレイクを果たした川崎宗則は、ここから福岡ソフトバンクホークスの中心選手として、活躍を続けていく。

2004年には規定打席に達し、打率3割0分3厘と打率3割を達成した。さらに、42個の盗塁を決めて盗塁王にも輝いた。その後も3割近いアベレージを残し続けた。圧倒的な成績ではないにしろ、俊足好打の内野手として川崎宗則の存在感は年々増して行った。

そして2011年のオフ、2年連続の全試合出場を達成した川崎宗則は、海外FA権を行使してメジャーリーグ挑戦を表明した。

イチローに憧れイチローを追いかけた川崎宗則

川崎宗則が自主トレを公開 去就は明言せず - 読んで見フォト - 産経フォト

しかし、この年の川崎宗則の成績は打率2割6分7厘、本塁打1本、打点37点、盗塁31個というもの。川崎宗則の成績としては物足りない数時であった事は確であり、30歳という年齢を考えても、もう1年日本でしっかりとした成績を出してからの方がいいのではないか。そんな見方もファンの中にはいた。

そんな川崎宗則の契約交渉は難航。年内に移籍先は決まらず、所属チームが決まらないままで年を越すことになる。そこには成績という部分もあったが、最優先にしていた事項が問題でもあった。

それは大先輩であるイチローと同じチームでプレイすること。イチローの大ファンであり、メジャー挑戦の記者会見でも「イチロー選手と同じチームを希望しています」と語った程だった。メジャー契約をしてくれるチーム、レギュラーを確約してくれるチーム、西海岸のチームなど、移籍の条件は選手によっていろいろあるが、「この選手と同じチームでプレイしたい」という選手は非常に希であった。

そして念願叶ってイチローの所属するシアトル・マリナーズへの入団が決定。しかし、用意されていたのはマイナー契約。本当の意味でイチローと同じチームでプレイするには、自身の力を証明し、メジャー契約を勝ち取る必要があった。

そして迎えた2012年の開幕。川崎宗則はメジャーの舞台に立っていた。招待選手としてスプリングトレーニングに参加していた川崎宗則は、驚異の打率4割5分5厘という成績を叩き出し、見事に開幕メジャーの座を勝ち取った。

しかし開幕後は調子が上がらず、前半戦を打率1割8分5厘で折り返す。それでも代走や守備固めで良い働きを見せ、マイナーに降格することなく前半戦を戦い抜いた。

そんな川崎宗則に大変ショックな出来事が起こる。それは7月23日、イチローがトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。長年、憧れ続けてきたイチローと同じチームでプレイするということ。それがたった半年で崩壊してしまった。

イチロー移籍の当日ことコメントを避けた川崎宗則だったが、翌日には「この6ヶ月間は貴重な体験ができました」と語り、再び前を向いていた。移籍したイチローにしても、川崎宗則には思うところがあり「違う場所にいても一緒にやることはできる」とコメントした。

メジャーリーグで特別なポジションにいる川崎宗則

イチローの移籍後も川崎宗則はメジャーに残り続け、代打や守備固めでの出場を続ける。この年、最終的に61試合に出場し、打率1割9分2厘。随所でいい働きをみせたものの、オフに自由契約となった。

その後、トロント・ブルージェイズに移籍。マイナーとメジャーを行ったり来たりしながらも、その明るいキャラクターと、物怖じせず英語で選手やファンとコミュニケーションする川崎宗則は、トロント・ブルージェイズで最も人気の高い選手となる。

成績自体は日本球界時代の川崎宗則を考えると満足の行くものではないはず。しかし、川崎宗則は古巣である福岡ソフトバンクホークスからの再三のラブコールには応じず、2016年、シカゴ・カブスとマイナー契約し、メジャーリーグへの挑戦を続けている。それは川崎宗則が、今でもイチローと少しでも近くでプレイしたいと思っているからではないだろうか。

カブスから解雇!監督は再契約のラブコールも!?

ムネリンがソフトバンク復帰へ、31日家族と帰国 - BIGLOBEニュース

米大リーグ、シカゴ・カブスは2017年3月28日(日本時間29日)、マイナー契約でメジャーキャンプに招待選手として参加していた川崎宗則を解雇したと発表した。
 
川崎は昨季もマイナー契約でカブスのキャンプに招待選手として参加し、開幕直前に解雇通告を受けている。しかし、当時は、球団がマイナー契約の選手の保有権をメジャー40人枠に入れることなく、保持するために選手に支払わなければいけない“残留特別手当て”10万ドル(約1120万円)を節約するのが目的だった。
 
FAとなった川崎は他球団と交渉できるとあってか、発表後に取材に応じたマドン監督が「ぜひとも戻ってきてもらいたい。また戻ってくることを願っている。『解雇』という言葉はとても辛辣な言葉だが、私は修正できると思っている」などと熱烈ラブコールを送っていた。
 
川崎はオープン戦17試合に出場し、打率.282、出塁率.387、7打点を残していた。

古巣ソフトバンクへ6年ぶりの復帰!!

古巣復帰の川崎宗則、ソフトB工藤監督も期待「誰からも愛されるキャラが素敵」 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

ソフトバンクに6年ぶりに復帰することが決まった川崎宗則が2017年4月1日、福岡市内で入団会見を行なった。今季はカブスとマイナー再契約を結び、招待選手としてメジャーキャンプに参加。しかし開幕直前で球団からリリースされ、古巣復帰を決断した。
背番号は以前と同じ「52」となった。シーズンが開幕したこともあり1年契約で、年俸9千万円プラス出来高払い。

この日の会見前に、正式に契約にサイン。注目の入団会見の冒頭、川崎は「おはようございます。福岡ソフトバンクに入団することになった川崎宗則です。鹿児島出身です。ただいまと言っていいですか。まだですね。プレーして初めて帰ってきたと言えると思います。2日前までアメリカにいました。クビになりました。ホークスから話をいただき、ホークスに行きたいと思った」と語った。

遂に1軍合流のホークス川崎宗則!「いつでもいける準備を」

日本時間2017年3月29日、米メジャーリーグのシカゴ・カブスは川崎宗則を解雇した。 その2日後の3月31日に日本プロ野球が開幕。まさにその日、川崎選手のソフトバンクホークスへの復帰が正式に決まった。

解雇からわずか2日という短い期間でのホークスへの復帰は、球団の川崎選手への思いの表れだ。言うまでもなく、一番最初に声をかけたのはホークス。かねてからホークスは、川崎復帰のための下準備をしていた。
メジャー移籍前の彼の明るいキャラクターとリーダーシップ、球団への貢献を評価し、いつになるかわからない復帰に備えて背番号「52」も空けたままにしてきた。その6年越しの思いが報われた。

ファンにとっても当然嬉しいことだ。昨年最大11.5ゲーム差をつけていた日本ハムに優勝をさらわれた傷もまだ癒えていないファンも多いので、それを川崎選手に吹き飛ばして欲しいと願っていることだろう。

また現在Bクラスに低迷しているホークスに、「超」がつくほど明るい川崎選手が加わることで、雰囲気が変わりプラスになることは間違いなし。さらに年間最多安打、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞など日本での実績は申し分なしですから、現在レギュラーの選手たちにも競争意識が生まれ、相乗効果が期待できる。

4月23日の2軍阪神戦後に川崎選手は、「いつ声が掛かっても、いつでもいけますという準備をしとこうかなと思います」と決意を述べている。

川崎宗則が復帰初戦で挨拶がわりのヒット!

ソフトバンクホークスファンが待ち焦がれた瞬間がついにやってきた。2017年4月28日オリックス戦、川崎宗則が米メジャーリーグでの経験を引っ提げ6年ぶりに日本のグラウンドに帰ってきた。
この日は試合前のミーティングで、川崎が「Have Fun!(野球を楽しめ)」と声を掛け、早速アメリカで培った精神をホークスの選手に注入した。野球を楽しむという、川崎宗則らしい一言でこの試合はスタートした。

1番セカンドで先発出場を果たした川崎宗則。1軍昇格後すぐの起用は工藤監督の期待の大きさを表している。第3打席までは快音が聞かれなかったが、最終第4打席はやってきた。
先頭打者として打席に入った川崎宗則は真ん中のチェンジアップを強振。少し詰まったように見えた打球はセンター前に。1番打者としての役割を果たしたその直後にホークスは勝ち越し、そのまま勝利。流れを変える一打となった。

川崎宗則はホークスでは、野手最年長である。川崎自身が、知らない選手がいるというほど6年前のチームとはメンバーが変わっている。まさに挨拶がわりの一打を放った。

チームでの役割を問われ「一番年をとっているので、皆に飯をおごるとかそういうことでしょうね」という「ムネリン」。明るい川崎宗則の加入でホークスにも元気が戻れば、パ・リーグのペナント争いはますます面白くなる。

川崎宗則が「じじい」対決で、日本復帰後初打点!

川崎宗則が、ソフトバンク復帰2戦目となった2017年4月29日のオリックス戦で初打点を挙げた。1点を追う2回1死満塁。相手投手は3年ぶりの先発マウンドの岸田護。川崎と同じ1981年生まれ。試合前に川崎は「じじいとじじいの対決。楽しみ」と心待ちにしていた。

「とにかく力を抜いて外野フライを狙って打った」という言葉とは裏腹に、打球は1,2塁間へのゴロ。二塁手に好捕され川崎は一塁でアウトになったが、その間に三塁走者がホームを踏んで、日本復帰後初打点。
川崎は「じじい」とは似ても似つかない、少年のような笑顔でベンチに戻っていった。とにかく今は野球が楽しいのだろう。アメリカから持ち帰った「Have fun ! 」精神を体現している川崎宗則の表情から、満足感が伝わってくる。

思い描いた外野フライは打てなかったが、「良いスピンの効いた打球だった。いい感じになってきた。すごく内容のある打席だった」と上り調子であることをアピール。

また「(相手セカンド)大城くんが素晴らしいプレーをした」と、敵チームの選手であろうと素晴らしいプレーに賛辞を惜しまないあたりも川崎宗則らしい。
もしかすると、川崎宗則は日本プロ野球の年寄り組、「じじい」の自覚から、今後の活躍が期待される若い選手たちを鼓舞し、成長を促しているのかもしれない。それは考えすぎだろうか。
いずれにせよ、年齢を重ねても川崎宗則のプレーはまだまだ若々しい。

川崎宗則が日米通算1500安打達成!「知らなかった」

2017年5月11日オリックス戦の初回の初球。川崎宗則がストレートを振り抜くとレフト戦への2塁打。これで日米通算1499本目のヒットだが、川崎宗則はそのことを知らなかった。

迎えた3回の第2打席。2ボールからの3球目のファーストストライクを積極的に打ちに出て、打球はセンター前へ。一塁へ到達すると、センターのビジョンに「日米通算1500安打達成」の表示を見て川崎宗則は驚いた。「1999安打でも引退できる自信がある。こだわりはない」と個人の成績に興味のない男が、日米通算の自分のヒット数を知る由もない。

ファンの歓声に右手を上げて応えたが「ジャパニーズスタイル」ではないと思い直し、慌てたようにヘルメットを脱ぎ観客席へおじぎを繰り返した。川崎宗則はそんなやりとりも心から楽しんでいるように見える。

この日は日本球界復帰後、初マルチヒット、初猛打賞、そして1500安打達成と「スペシャルな日になった」と満足げな表情を見せたが、何よりチームが勝ったことが嬉しいのだろう。川崎宗則が1軍合流してからチームは10勝2敗と驚異的な数字を誇る。

川崎自身の成績は正直まだまだではあるが、数字には表れない貢献に工藤監督も「良い雰囲気を作ってくれている」と川崎効果を感じている。ベンチでは凡退後でもハイタッチをし、「いい凡打だったよ」と士気を高め続け、守備の時も常に投手に声をかけ続ける。

「まずは楽しむこと。明日ケガするかもしれないし、その日をすっきりプレーして終わらせたい」この川崎宗則イズムが浸透し始めたチームにもう怖いものはない。

投票用紙に名前なしでも、ファン投票3位!「温泉旅行を計画してた」

2017年のオールスターゲームで、6年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンク・川崎宗則の勇姿が見られるかもしれない!
5月22日に発表されたファン投票の第1回中間発表で、川崎宗則がパ・リーグ二塁手部門で8662票を集めて3 位にランクインした。

開幕後の4 月3日に支配下登録されたことから、ファン投票用紙のマークシートには川崎宗則の名前は入っていない。一軍出場も約1ヶ月後の4月28日のオリックス戦からである。それでもここまでの得票数を集めることに関して、球団関係者も「結構すごいことだと思う。さすがですよ」と驚きを隠さない。さらには「これから入る票もあるし(この現象がニュースになったことで)ここから伸びる可能性もあるかも」(営業関係者)と期待する声も出ている。

ファンとしては、アメリカ仕込みの「エンターテイナー」川崎宗則を見てみたいだろう。アメリカでも選手、チーム関係者、そしてファンに愛されてきたムネリン。その人気ぶりで、ブルージェイズ時代には地元ファンが動画などで米・球宴への投票を呼びかけたこともあった。彼の人柄がそうさせているのは間違いない。

本人は「予想もしてなかった。温泉旅行を計画してた。」と冗談めかすが、「Have Fun」精神の持ち主・川崎宗則なら、絶対に出たいであろう。いつもより、野球が楽しめる舞台がそこにはある。

第1回中間発表時点(5月22日時点)で3万2110票で1位の浅村(西武)との差は大きいが、選手間投票や監督推薦もある。ぜひとも期待しよう。

【画像】川崎宗則が「1年9000万」と自ら明かす 「複数年契約のやり方知らない」 - ライブドアニュース
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (5/28)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する