屈辱のマイナー契約から奮起した高橋尚成のメジャーリーグ挑戦

読売ジャイアンツで10年間も活躍を続けた高橋尚成。高橋尚成は日本球界で圧倒的とは言えないまでも、常に1軍で活躍を続ける選手でありました。そんな高橋尚成がメジャーリーグ挑戦を表明したのは2009年のオフ。何日も悩んだ末に出したメジャーリーグ挑戦の道でしたが、高橋尚成に待っていたのはマイナー契約という屈辱でありました。

BBCrix編集部

読売ジャイアンツでリーダーとなっていく高橋尚成

高橋尚成 : サウスポーまとめ - NAVER まとめ

高橋尚成は駒澤大学で頭角を表し、1999年のドラフト会議での目玉選手となります。高橋尚成は読売ジャイアンツを逆指名し、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。高橋尚成はルーキーイヤーから9勝を挙げるなど、活躍を見せました。

3年目には初のふた桁勝利を挙げた高橋尚成。日本シリーズにも登板し、順調なプロ野球人生を高橋尚成は歩んで行きます。2007年には防御率2.75で最優秀防御率のタイトルを獲得した高橋尚成は、読売ジャイアンツの先発投手の柱として成長していきます。

この年のオフには読売ジャイアンツの投手陣の中で最年長となった高橋尚成。高橋尚成は読売ジャイアンツ投手陣のリーダーになると宣言し、自身の活躍のみならず、後進の育成にも気を配る存在となっていきます。

2008年には自身初の開幕投手にも指名された高橋尚成。2009年には2年ぶりのふた桁勝利を挙げるなど、読売ジャイアンツの中で、高橋尚成の存在感は日に日に増していくのでした。

悩み抜いた高橋尚成のメジャーリーグ挑戦

switch - pitcher's blog (=゚ω゚)!【尚成、メジャー挑戦正式表明「気持ちはスッキリ」】

そんな高橋尚成は2009年のオフ、FA宣言をしてメジャーリーグ挑戦を表明しました。高橋尚成はこの時既に34歳。前年にシームメイトの上原浩治がメジャーリーグへ挑戦し、メジャーのマウンドで投げている姿を見て、高橋尚成の中にメジャーへの憧れが大きくなっていったといいます。

さらに先輩である元読売ジャイアンツの松井秀喜と対戦したいという思いも高橋尚成の中にあり、悩み抜いた結果、高橋尚成はメジャーリーグ挑戦を決めたのでした。

「自信がなかったら、こんな選択はしない。必要としてくれるところに行きたい。先発で使ってくれたら最高だと思う」そう語っていた高橋尚成ですが、高橋尚成に待っていたのは厳しい現実でした。高橋尚成にメジャー契約を用意する球団は終ぞ現れなかったのです。

そして高橋尚成は年を越した2010年2月11日、メジャー契約を諦めニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだのでした。

屈辱から這い上がった高橋尚成

【メジャーリーグ】 高橋尚成 イケメン画像集

同じ年にメジャーリーグ挑戦を表明していた元東京ヤクルトスワローズの五十嵐亮太と、高橋尚成はチームメイトとなりました。同時にニューヨーク・メッツに入団した高橋尚成と五十嵐亮太。しかし、五十嵐亮太はメジャー契約で高橋尚成はマイナー契約という状態であり、当時の監督は高橋尚成を見て「日本人が二人もいるなんて聞いていない」と言う有様でありました。

そんな現状に高橋尚成の反骨心に火がつき「絶対に見返してやる」と高橋尚成は燃えたといいます。そして高橋尚成は招待選手としてスプリングトレーニングに参加。そこで高橋尚成の評価は一転します。高橋尚成は13イニング4失点に抑える好投を見せたのです。

特に高橋尚成の評価が変わったのは、スプリングトレーニングでの初登板。高橋尚成は3イニングを投げて、6つの三振を奪いました。高橋尚成はその時のことを「低めの変化球を見極められずブンブン振るメジャーの選手を見て、笑いが止まらなかった」と振り返ります。

そして高橋尚成は開幕メジャーを自らの手で勝ち取り、雪辱を果たしました。この年の高橋尚成は、先発にセットアッパー、クローザーと全ての投手ポジションをこなし、最終的に53試合に登板します(うち先発は12試合)。高橋尚成は10勝6敗3ホールド8セーブ、防御率3.61をマーク。見事、メジャーの舞台で活躍して見せました。

そして高橋尚成はニューヨーク・メッツとは再契約せず、ロサンゼルス・エンゼルスに活躍の場を移しました。高橋尚成の契約内容は2年総額800万ドルというもの。高橋尚成は1年でメジャーリーグに認められ、大型契約を勝ち取ったのでした。

簡単には帰れない・・・高橋尚成の意地

カブス 尚成に戦力外通告、現役続行希望「野球人生は終わりでない」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

ロサンゼルス・エンゼルスではリリーバーとして期待された高橋尚成。高橋尚成はその期待に応え、この年61試合に登板して4勝3敗7ホールド2セーブ、防御率3.44という成績をマークしました。

しかし高橋尚成は、翌2012年は調子を崩し8月までに42試合に登板しますが、防御率4.93と苦戦を強いられます。そして8月に高橋尚成はピッツバーク・パイレーツに移籍。しかし、ここでも調子を取り戻す事が出来なかった高橋尚成は、翌年の契約を交わすことができませんでした。

シーズン終了後、高橋尚成は「簡単には帰れない。自分が納得するまでこっちでやりたい」と話し、あくまでもメジャーリーグにこだわる姿勢を見せました。しかし、高橋尚成は37歳。そんな高橋尚成にメジャー契約を用意する球団は存在しませんでした。

高橋尚成はシカゴ・カブスとマイナー契約を結び、3試合、メジャーのマウンドに立つものの、それ以降はメジャーのマウンドに立てませんでした。

しかし、高橋尚成はメジャーでしっかりした成績を残して引退した選手。十分に、最初の周囲の低い評価を跳ね除けたと思います。

高橋尚成は今季限りで引退するが、彼と同じ試合でメジャーデビューした2人の未来はこれから(宇根夏樹) - 個人 - Yahoo!ニュース
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (5/28)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する