熊本出身巨人立岡が思い出の地で先制ゲキ走&猛打賞

巨人立岡宗一郎外野手(26)が「頑張ろう熊本!」を地元凱旋(がいせん)で体現した。ヤクルト戦で初回に左前打で出塁すると2死一塁から阿部の中前打でランエンドヒットで一気に本塁に生還。約1年ぶりの猛打賞で勝利に貢献した。昨年4月は熊本地震の影響で巨人戦開催が中止となり、同県では11年ぶりの公式戦だった。

日韓スーツ

コメント (1)

  • 篠塚 和典

    4/20 10:30

    結果の出ていなかった立岡が、地元・熊本の試合で活躍するドラマチックな展開だった。初回は逆らわない打撃でレフト前へ運び出塁すると、阿部のヒットで一塁から生還。最後まで緩めることない素晴らしい走塁だったね。山中のようなタイミングを外すのが巧い投手は、今日の立岡のように体が開かずに肩を残してクルッと回すような打撃がいいんだよ。菅野は117球で3安打完封。前回登板では厳しいコースを攻めて球数がかさんだがうまくまとめた。エースの責任を果たしたね。立岡以外にも熊本出身のヤクルト・山中も好投。復興に向けて歩み続ける熊本のファンの前で、ナイスゲームを見せてくれた両チームを称えたい。

    もっと見る

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

昨日の試合 (5/24)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する