【楽天】岸、古巣で勝利に異例の大ブーイング「少しイラッとしたけど…」

◆西武2―3楽天(7日・メットライフドーム) 楽天が球団初となる、両リーグ最速で20勝一番乗りを決めた。西武からFA移籍したエース・岸が古巣相手に初先発し、今季2勝目をマーク。試合開始前から、10年間在籍した西武ファンに大ブーイングを浴びる異様な雰囲気をものともせず、7回6安打2失点で勝利へと導いた

スポーツ報知

コメント (1)

  • 石毛 宏典

    5/9 17:27

    古巣との初対戦となった岸は、初回から気合が入っていた。先制点をもらった直後を無失点に抑えるあたりはさすがだし、2者連続弾を浴びた7回は、続くピンチで木村文をよく抑えた。個人的にはこの場面で代打・栗山でもいいと思ったが、木村文に託したのは、辻監督の期待の表れだろう。この経験がシーズン後半に活きることを願う。

    ウルフはゴロよりもフライアウトが目立ったように、いままでよりも全体的にボールが高かったように見えた。ペゲーロに打たれた2ランも、外角を狙ったボールが真ん中に来た逆球。本来の制球力を発揮できなかった。ただ、それでも7回3失点でまとめるあたりはさすがだし、責められる内容ではない。それ以上に相手投手がよかったということだ。

    もっと見る

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (5/24)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する