巨人菅野50勝王手 4戦以内で球団4番目へ

巨人菅野が、仕切り直しの一戦で新たな記録に王手をかけた。 通算108試合目のマウンドで、8回6安打1失点とヤクルト打線を制圧。リーグトップタイの5勝目(1敗)で、通算49勝目を挙げた。残り4戦以内に50勝到達なら、球団では上原、江川、堀内に次ぐ史上4番目のスピード記録。「先週の阪神戦の頭で自分が負け

日刊スポーツ

コメント (1)

  • 篠塚 和典

    5/17 18:09

    前回対戦で菅野に完封を喫したヤクルトは、追い込まれるのを避けたのか、球数を費やさせてもダメージは小さいと見たのか、徹底してファーストストライクを狙っていた。菅野はストレートが多めの投球。それもあってスライダーを効果的に使えていた。困った時に頼るというようなスライダーの使い方ではなかった。前回登板のタイガース戦と同じミスを繰り返さないのはエース。ファーストストライクを狙ってくる作戦がかなり明確だったので、投げやすかったのもあるだろう。上位勢との対戦で負けが込み少し暗いムードだったが、見事に晴らしてくれたね。
    打線については、改めて今のジャイアンツのレギュラーというのは、坂本と阿部、そしてマギーだけなんだと思わされた。初回の阿部のホームランは、こすった当たりだったけど、踏み込めていたから届いたのだろう。坂本は多少配球で揺さぶっても、フォームがしっかりしているので崩れないね。打ち損じも当然あるけれど、何が悪かったのかはすぐに把握していると思う。自分がコーチをしている頃から研究熱心だとは思っていた。その積み重ねが今の姿なのかもしれないね。

    もっと見る

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (6/23)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する