【広島】中村祐、6回2失点で初登板初勝利から2連勝

◆広島9―2DeNA(18日・マツダスタジアム) 広島の中村祐太投手(21)が、プロ2度目の先発で、6回2失点の力投で2勝目を挙げた。3日の中日戦(マツダ)でプロ初登板初先発、初勝利を飾ってから2連勝となった。 初回に先頭の桑原に四球を与えるなどピンチを招き、いきなり2失点。しかし、2回以降は、走者

スポーツ報知

コメント (1)

  • 小早川 毅彦

    5/19 10:59

    中村祐太にはよい意味での初々しさがあり、打者に向かって行く姿勢が感じられた。投球スタイルはオーソドックスだが、直球は球速以上に打者の手元で伸びている印象で、スライダーは曲がり幅こそ大きくないが鋭く曲がる。

    先発ローテ定着への課題はスタミナ面。この試合も100球を越えたところで降板したが、もう少し余力を残した状態でマウンドを降りてほしい。6回に二死から四球を与え、見るからに「限界です」とわかる状態だった。6回を投げ切った状況での降板は問題ないが「まだ20球くらいなら行けます!」という頼もしさがほしい。今後はさらに暑くなるし、苦しい時期を乗り越えられるスタミナを蓄えてほしい。

    最後にチーム状況とは関係ないのだが、この試合も初回の広島の攻撃でVTR検証が行われた。最近は本塁でのクロスプレーになると、不利な判定をされた側の監督がダメ元で検証を要求する。それを審判団も素直に受け入れるのだが、さすがに試合が止まりすぎだし検証の数も多くなってきている。今シーズンのうちに改善案を考えてほしい。

    もっと見る

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (6/23)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する