スラッガーだった竹之内雅史

竹之内雅史は鎌倉学園高校で五番打者、セカンドとして活躍します。竹之内雅史が2年生の時に秋季関東大会決勝で初優勝を飾ると、竹之内雅史は翌1962年の春の選抜高校野球に出場します。竹之内雅史は夏の甲子園予選では決勝で敗退しています。

竹之内雅史は卒業後、日本通運浦和に入社します。第35回都市対抗野球大会に竹之内雅史は出場し、チームを初優勝に導きます。その後も竹之内雅史は都市対抗に連続出場し、1967年には社会人ベストナインに選出されるなど、竹之内雅史は社会人野球でその名を轟かせます。

そして1967年、竹之内雅史はドラフト3位で西鉄ライオンズに入団。「中西太二世」と鳴り物入りで竹之内雅史はプロ入りを果たします。ルーキーイヤーの1968年から竹之内雅史は1軍に定着。1969年には80試合に先発出場するなど、竹之内雅史はその頭角を表していきます。

1970年は初めて規定打席に達した竹之内雅史。19本塁打を放つなど活躍し、特に竹之内雅史と東田正義の3、4番は「トンタケコンビ」と呼ばれ人気を博します。竹之内雅史は、打率はあまり高くないもののチャンスに打てる勝負強い打撃が魅力。1977年には自己最高の26本塁打を放ち、竹之内雅史は西鉄ライオンズの主力選手として活躍を続けます。

しかし1979年、竹之内雅史はトレードで阪神タイガースへ電撃移籍。移籍1年目は開幕から4番打者に座り、中心打者として活躍し、打率2割8分2厘、25本塁打の好記録を竹之内雅史は残します。しかし、1980年以降はデッドーボールでの骨折が影響し、竹之内雅史は徐々に出場機会を減らします。そして竹之内雅史は1982年に引退を表明。竹之内雅史は、この年限りで現役を引退しました。

数多くのバッターを育てた竹之内雅史

そんな竹之内雅史は引退後、すぐに阪神の2軍打撃コーチに就任します。変則的なバッティングフォームで鳴らした竹之内雅史でしたが、その指導力は目を見張るものがありました。そして竹之内雅史は1985年、1軍打撃コーチ補佐に就任します。そして、竹之内雅史は真弓明信、ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布らを指導し、この年の阪神タイガース21年ぶりのリーグ優勝と球団初の日本一に貢献します。

その後、竹之内雅史は阪神タイガースの監督であった吉田義男との確執があり、シーズン半ばに退団するなど、その手腕は評価されながらも、竹之内雅史は阪神タイガースを退団します。退団後、竹之内雅史はサンテレビ解説者となりますが、竹之内雅史の手腕を他の球団が見逃すはずはなく、竹之内雅史は1989年に福岡ダイエーホークスの1軍打撃コーチに就任しました。

福岡ダイエーホークスでもその手腕を発揮した竹之内雅史。竹之内雅史は岸川勝也・広永益隆・吉永幸一郎を指導し、その才能を開花させます。そして、竹之内雅史は大洋ホエールズにヘッドハンティングされ、1992年に大洋ホエールズの1軍打撃コーチに就任します。1993年からは球団が横浜ベイスターズに改称。球団の体制も変わり、竹之内雅史は若手の底上げを期待され2軍打撃コーチに就任しました。

竹之内雅史は畠山準・進藤達哉・石井琢朗・鈴木尚典・佐伯貴弘・波留敏夫らを指導し、1998年の横浜マシンガン打線の礎を築いていきます。特に鈴木尚典と佐伯貴弘は竹之内雅史を恩師と仰ぎ、竹之内雅史がプロで成功したのは竹之内雅史が打撃の基礎を作ってくれたからにほかならないと話しています。

竹之内雅史はその手腕が評価され、1997年、ついに横浜ベイスターズの2軍監督に就任します。竹之内雅史は監督としても2軍選手を育て、チームの底上げを図ります。この年、横浜ベイスターズは2位に躍進する快進撃をみせました。竹之内雅史は1軍との連携を怠らず、1軍の求める選手を育成し、昇格させていきます。

そして、竹之内雅史がコーチ時代から作ってきたものが1998年、身を結ぶ事になります。横浜ベイスターズはこの年に38年ぶりのリーグ優勝、そして日本一に輝きます。そこには竹之内雅史が育てた選手が中心になってチームを引っ張る姿がありました。マシンガン打線と呼ばれた、強力打線は竹之内雅史の指導なくしてはありえなかったものだったのです。

その後、竹之内雅史は台湾リーグでコーチを務めるなど海外でも活躍。国内でも羽衣国際大学硬式野球部の監督に就任し、チームの2部昇格に貢献するなど、竹之内雅史はその手腕を発揮し続けました。竹之内雅史は大きく取り上げられることはなかったものの、確かに名称であったと言えるでしょう。

BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部