シーズン中の退任劇も話題にならず?なぜ日本ではGMが注目されないのか

6月13日、球団ワーストとなる13連敗を喫するなど、低迷する巨人でフロントの交代劇が起こった。堤辰佳GMが辞任し、鹿取義隆GM特別補佐が新GMに就任したのだ。しかし、このニュースは大きくは取り上げられていない。監督と同等、もしくはそれ以上に重要な役職といわれるGMだが、日本球界ではその注目度は低いからだ。これはGMという制度が、日本球界では上手く機能していないからではないだろうか。

BBCrix編集部

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (6/27)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する