【ソフトバンク】交流戦初の“3連覇”…広島のお株奪う工藤監督の「神ってる決断」

◆日本生命セ・パ交流戦 広島4―7ソフトバンク(18日・マツダスタジアム)  ソフトバンクが広島との最終決戦を制し、交流戦史上初の3年連続で頂点に立った。故障者が相次ぐなか、工藤監督が4年ぶりに4番に据えた松田が先制打を含む2打点と活躍するなど起用が的中。12勝6敗で広島と並んだが、直接対決で勝ち

スポーツ報知

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (6/27)

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する