プロ野球死亡遊戯
プロ野球死亡遊戯 ライター兼デザイナー
2 Comments

北海道からきた原巨人の救世主「2007年の小笠原道大」

【プロ野球浪漫飛行 vol.3】2006年オフ、チーム打率.251と12球団最下位に終わった巨人がひとりのスラッガーをFA獲得する。北の大地でサムライと呼ばれた男。当時33歳、北海道日本ハムの小笠原道大である。

この連載について

続きを読む

コメント(2)

  • 243
    プロ野球死亡遊戯

    ライター兼デザイナー 2017/08/10 22:13

    『2007年の小笠原道大』コラム書きました。この年の巨人打線の攻撃的2番谷佳知「率318 10本 53点」と2017年の2番マギー「率317 12本 54点」って数字的には近いなあと。

    もっと読む
  • 2
    Matsuda Fuyuki

    2017/08/11 10:04

    小笠原はいつもTVで見ながら、大ぶりで打てそうにないなと思うのに高打率な選手で理解不能でした。

    もっと読む
その他の木曜隔週更新 記事を読む

関連記事一覧

Pro Crix 最新記事

人気記事ランキング記事ランキング

カテゴリー

ログイン