皆さまこんにちは、今週の #やきゅう拡散希望 は古田ちさこが担当です♩

 福岡ソフトバンクホークス、日本シリーズ優勝おめでとうございます。内川選手の9回裏同点ホームランは痺れましたね〜!流石の一言です。プロ野球の公式戦は終わっても台湾代表とロッテの交流試合に神宮大会、今週は稲葉新監督率いる侍ジャパンのアジアプロ野球チャンピオンシップなど野球の試合はまだまだある11月、引き続き楽しませてもらっています。

 とはいえいよいよ世間も2017年を締めくくるムードになっていますよね。先日流行語大賞候補語も発表されました。その中でも私が今年よく聞いたなぁと思った言葉のひとつはずばり、【インスタ映え】。

 私も主要なSNSは全てアカウントを持っています。

インスタグラムツイッター

 この二大巨塔は一応使い分けていて、ツイッターは主に野球の情報を収集拡散する用に、インスタグラムはモデルのお仕事のコンポジット(経歴や宣材)も兼ねつつ利用者が多いので知人と近況報告をし合うツールにもなっています。友人へのプレゼントはインスタグラムの投稿内容を見て考えたり、行きつけのカフェから投稿すれば近くにいた友人が連絡をくれたりと暇人ホイホイとしても使っています。(笑)

 インスタは画像がメインゆえにセンスが良くみんなが食いつく写真をアップしたくなるのも必然ですよね。またその反応を見ようとどの投稿が人気なのか一目瞭然になるアプリも今は出ていますよね。私もビジネスアカウントにしているのでいいね!数の他にも自分の投稿の中のインプレッション数、リーチ数、保存数のランキングを見ることができます。

 ということで今回はそちらを参考にカープ女子、古田ちさこのインスタグラムの2017年人気投稿を振り返り、野球女子のインスタ映えを検証していきたいと思います!

鉄板は球場とわたしシリーズ。

©︎古田ちさこ

 表示回数の上位は球場をバックに笑顔で写るポスト。私の投稿ではコボスタ、ハマスタ、マツダの順に人気です。やはり遊園地さながらなKoboパーク宮城は楽しげな雰囲気がものすごく出ますよね。こちらの写真を撮る時も確か『観覧車が写るようにしてね!』とお願いしたんだったなぁ。交流戦で普段対戦しないチーム、かつ広島からも関東からも離れた貴重な球場ということでカープファン中心に目を引いたのかもしれません。遠征先の球場でのショットはインスタ映え間違いなしです♩

いいね!数はやっぱり優勝直後の広島。

©︎古田ちさこ

 いいね数900越えしたのは優勝直後の地元凱旋試合でした。各球団と関係企業から届いた酒樽がお祝いムード満点でそちらを背景にした1枚と、同じ日に優勝クッキーに優勝カップのビールを写した1枚も沢山いいね!を頂きました。『優勝して良かったね!』とカープファン問わず皆からのお祝いのコメントも寄せられ本当に嬉しかったです。贔屓チームが違っても『おめでとう』と言ってもらえるって素敵なことですよね♪

皆の○○○度がわかる保存数。(笑)

 誰が保存してくれたかまではわからないのですが保存数のランキングも見ることができこちらがなかなか意外な結果に。たいがい表示人数やいいね!数の人気投稿は似たものになるのですがガラッと変わるのが保存数。ここにだけ野球と関係のない撮影データが上位にくい込んできます。それは決まって生脚が写っていたりボディラインの出る衣装…。

©︎古田ちさこ

 私も実際にお気に入りの巨乳グラドルちゃんのページに飛び、知り合いにバレてしまうのでいいね!はせず保存して楽しんでいたりします。保存機能万歳。むふふ。そんな私の様なむっつりな人も多いのかもしれませんね。(笑)

ベストオブ2017

 ここまで各項目の人気ポストを振り返りましたが実は全部門ナンバーワンは全て同じものでした。

 表示回数34000、いいね!1000、保存数60以上と断トツ。そちらは私がずっと夢だったこと、【プロ野球の試合での始球式】を叶えることができた台湾での始球式の動画投稿。台湾のプロ野球の公式戦で日本をテーマにしたイベントが開かれゲストにカープ女子として呼んでもらい、カープのユニフォームを着て始球式をする…。そんな貴重な経験をカープファンの方、台湾の方、野球ファン以外の方も一緒になって喜んでもらった投稿でした。

©︎古田ちさこ

 夢を持つ人を応援したいという気持ちと、夢を叶えた人を見て喜べる気持ちというのも皆一様に持ち合わせているのかな。優しい世界だね!

 私も言霊を信じて結構以前から『夢は始球式!』と言い続けていました。是非、『◯◯選手のサインが欲しい!』『ホームランボールをゲットしたい!』『プロ野球選手になりたい!』と小さなことでも大きなことでも言い続けてみて欲しいな!と思います♩

 ということで【野球女子のインスタ映え】という点では全く参考になりませんでしたが(すみません。涙)、いつも何も考えず投稿していたインスタグラム、自分の好きなものに囲まれて、好きな仲間と、好きなことをしている写真は見返して幸せになれる大切なアルバムだとあらためて思いました。来季も沢山更新しようと思います!

 個人的にはもっと球場グルメが上位に来ると思っていたのに残念です。美味しそうに撮れていないからかな〜。鯉カツの為にも来季はご飯を美味しそうに撮る腕を磨きたいと思います☆

古田ちさこ

著者プロフィール 古田ちさこ

学生時代からサロンモデル、読者モデルとしてモデル活動を始め、現在はファッション、ビューティー、ブライダルなどのweb、広告、カタログなどで活躍中。またカープファンの両親の影響で幼少期からカープを応援し続け、球場での観戦は年間50試合以上。