「自分がプロ野球選手ですか?」無名の高校生が手にしたドラフト6位山下峻とは

山下峻は1991年8月19日生の横浜DeNAベイスターズに所属した元プロ野球選手(投手)である。山下峻の背番号は48。山下峻は左投左打である。山下峻の持ち味は右打者の内角をえぐる140km/hを超えるクロスファイアーボールとキレのあるスライダーである。山下峻は広島国際学院時代5回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。山下峻は松本大学を経て、まさか自分がなれると思っていなかった、プロから2013年ドラフト6位で指名された。山下峻は将来を期待された貴重な左腕であった。山下峻をクローズアップします。

BBCrix編集部

まさか自分がプロに・山下峻

許舒怡(スイ) 2/16沖繩⚾⚾✈✈ på Twitter: "2016.0224 嘉手納 #山下峻 https://t.co/eXI0wuqVWN"

山下峻はまさか自分がプロ野球の選手になれるなんてと思っていた。

2007-2010年当時松本大学の指揮官を務めていた二宮至は、2016年横浜DeNAベイスターズの二軍監督を務めている。松本大学出身の山下峻とは付き合いが長い。
「ぜひ、うちに来てくれないか」と二宮に言われた時、山下峻は目を丸くした。

自分がプロ野球選手ですか?と。

山下峻は広島国際学院時代3年の夏に県大会で8強レベルの選手であった。山下峻は高校時代背番号10であった。

山下峻が大学1年後半時、二宮は横浜DeNAのコーチとなった。山下峻は二宮より、「とにかく走れ」と指導を受けていた、山下峻は二宮がプロのコーチになった後も日々下半身を強化し続けた。山下峻は182cmの長身を生かした投球をする投手だ。山下峻はしなやかな腕の振りから右打者の内角へ食い込むクロスファイアを武器としている。

山下峻は松本大学野球部を創部11年目で初めての1部昇格に貢献した。山下峻が3年時はチームが年間であげた4勝の内3勝をマークした。山下峻が4年になった春は左肩痛で悩まされていたが山下峻は秋、45回を投げて7失点(自責点1)、防御率0.20という見事な成績を残した。2013年山下峻はドラフト6位で横浜DeNAベイスターズに入団した。

山下峻は二宮二軍監督の下で一軍を目指し日々戦っている。山下峻は二宮監督に会うと「どうだ、ちゃんと走っているか?」と声をかけられる。大学時代と同じように。

山下峻はフォームの研究も怠らない。山下峻の目指すスタイルは同じ左腕の元中日今中慎二であるという。今中といえば1990年代のプロ野球界を代表した投手である。今中は150km/h近いストレートと100km/h前後のスローカーブを駆使し通算91勝を挙げた名投手だ。山下峻は今中のような投手になるため「もっともっと走って、足腰を鍛えないと」と言っている。山下峻が今中の様になるためには、マウンド度胸や制球力をもっと磨いていかなければならないだろう。

山下峻が日々行っている「走り込み」の成果はいつの日か必ず良い形となって帰ってくる。そしてベイスターズの年間の勝ち数を5~10勝位あげてほしい。ファンや首脳陣は山下峻にそう期待を寄せる。

ハマの星となって輝け!・山下峻(前編)

横浜DeNA・ドラフト6位・山下 峻 ( 野球 ) - 野 球 好 き - Yahoo!ブログ

山下峻の残念なエピーソードの一つとして2014年8月29日に同僚の柿田裕太が当て逃げ事故を起こした際、同乗していたのが山下峻であった。山下峻は球団より3日間の謹慎処分、柿田は1週間謹慎と無期限運転禁止の罰則を受けた。当時監督の中畑監督は「逃げちゃいけない」とのコメントを残している。

山下峻が今後大投手になるためのプランとしては、当て逃げ事故にもおける、メンタル面の強化も必要だ。何事からも逃げずに、負けたっていいから戦う姿勢。そういったメンタルの強さが一軍でのマウンドで出てくるはずだ。

山下峻は3年目のシーズンを迎えている、そろそろ結果を残し一軍登板と行きたいところである。山下峻が所属するベイスターズ投手陣は防御率の面などでも割と好調な成績を残すのだが、山下峻が所属するベイスターズは要所で負けてしまう。投手陣が良ければ打線が打たない、打線が良ければ守備の乱れからくる失点で気がつくと負けが混み、定位置の最下位近辺をうろついている。山下峻が所属するベイスターズが勝ち上がるためには投手・守備と打線の歯車が合って行けば、選手の個人個人の質だけを見ても十分優勝を狙えるメンバーが揃っている。そんな中、ベイスターズは左腕王国を形成しつつあるのだ。山下峻も左腕である。

ハマの星となって輝け!・山下峻(後編)

山下峻が身を置くプロ野球界には左腕の投手が不足していると言われている。日本代表に入る左腕もここ最近では、中日大野、楽天松井、そこに西武の菊池が入るかどうかである。当然将来、山下峻も日本代表に入るくらいの投手になってもらいたいのだが、現在ベイスターズの一軍で活躍する左腕は2015年、駒澤大学からドラフト1位で入団した今永昇太、2014年、法政大学ドラフト2位の石田健大、がいる、さらには2013年、明桜高卒、育成ドラフト1位の砂田毅樹らがいる、砂田は2015年一軍で14試合に登板し防御率3.20とまずまずの成績を残した。この中に山下峻が加われば将来有望な左腕が最低4人居ることになる。

2013年山下峻が所属するベイスターズは左の先発投手が1勝もあげることができなかった。2016年現在山下峻を始め未完の大器的左腕が眠りから目覚めようとしている。
もしベイスターズの左腕連中が覚醒し、フル稼働したら他球団が最も恐れる投手王国となるのでは。山下峻はすでに一軍で活躍する上記3名に一刻も早く追いつきプレッシャーをかけに行ってもらいたい。いつまでも横須賀の山道ばかりを走っていてもしょうがない、長距離走り込みチームトップクラスの山下峻が首位を走る、ベイスターズを牽引していってほしい。山下峻が横浜の星、スター選手となる時ベイスターズはAクラスが所定のポジションとなる。

山下峻の人生の山登りはまだスタートしたばかりだ。

山下峻の引退とその後

周囲から期待をされつつ、一軍定着を夢見て走り続けた山下峻だったが、
2016年は二軍で7試合に登板し、0勝2敗、防御率12.46という成績で、10月に球団から戦力外通告を受けた。

日刊スポーツの報道によると、山下峻は引退後野球界を離れることを決断した。
自身が中学時代に大病を患ったことも無縁ではないのだろう。
「人のためになりたいと思い決めた」と、保険代理店業の営業として第二の人生を歩むことになったようだ。

横浜DeNAベイスターズ、2014年・新人合同自主トレ初日の様子をレポート![はまれぽ.com]
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (3/30)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する