投手だった小林誠司を捕手にした出会いの秘密

小林誠司は大阪府堺市で生まれる。母親がスインミングのインストラクターをやっていたので、小さい頃から水泳で身体を鍛えた小林誠司。実はこのスイミングスクールには阪神藤浪晋太郎も幼少期に通っていたという偶然もあった。
小林誠司は小学2年の時にソフトボールをはじめ、本格的に野球をやり始めたのは中学に入ってから。中学時代の小林誠司は泉北ボーイズでプレーしており、当時は投手兼遊撃手だった。

そんな小林誠司が選んだ進学先は広島の名門広陵高校だった。この広陵高校で小林誠司の野球人生を変えるでき事がうまれる。それは1年の冬に監督からキャッチャー転向を勧められる。

実は監督の考えとしては当時のエース格は現広島カープの野村祐輔。小林誠司は野村祐輔に似たタイプのピッチャーだったため、同じタイプは2人いらないという事だった。
その打診を受けてキャッチャーに転向した小林誠司。それからは多くの時間を野村祐輔と一緒に過ごし、小林誠司は少しでも野村好みのキャッチャーになろうと努力したという。

そんな努力が実を結び、小林誠司3年夏の大会は甲子園に出場。野村祐輔の安定感ある投球で小林誠司・上本崇司・土生翔平などのちに4名のプロ野球選手を輩出する広陵高校は決勝まで進んだ。

迎えた決勝の相手は公立の佐賀北高校。この大会はこの佐賀北高校が勝ち進む事で甲子園に「佐賀北」フィーバーを巻き起こしていた。そして決勝戦もスタンドのほとんどは佐賀北の優勝を望むファンで埋め尽くされた。
そんな中、小林誠司がリードし好投を続ける野村祐輔は、4点リードで迎えた8回に突如ピンチを招き、押し出しの後の満塁の場面で佐賀北3番副島に甘く入ったカーブをレフトスタンドに放り込まれる。この1打で佐賀北が逆転勝利で優勝を飾った。小林誠司は一振りで悲願の優勝を佐賀北高校にもっていかれたのである。

小林誠司が悔しさを胸に選んだ次の舞台は、地元関西の同志社大学であった。この大学時代も小林誠司はキャッチャーとして1年春から活躍し、同志社大学の4連覇に貢献。

アマチュアNo.1捕手小林誠司がプロで感じる壁とは

大学4年の小林誠司は「1位ならプロ入団、2位以下なら日本生命入社」と宣言し、結果指名球団はなく日本生命に入社した。そして2年後小林誠司は社会人ナンバーワン捕手として、巨人からドラフト1位指名を受けて入団する。

2014年のプロ初年度から小林誠司は、阿部慎之助の後継者として期待を受けた。この年の開幕戦で阿部に変わって途中からマスクを被った小林誠司はプロ人生をスタートした。
また翌年の2015年はキャンプの時から原監督が、阿部慎之助を1塁にコンバートするプランを発表し、チームの目玉としてこの小林誠司の存在を広めた。

開幕戦からスタメンマスクを被った小林誠司だが、原監督の思ったような活躍を見せる事はできず、阿部慎之助をキャッチャーに再コンバートする事態に発展。小林誠司は活躍の場を2軍に移した。

小林誠司の課題は投手陣とのコミュニケーション不足や打力の弱さなどいろいろあるが、原監督が小林誠司に対して真に期待していたポイントは打力より、守備力であろう。小林誠司に不足しているのは具体的に言うとリード面である。

小林誠司のリードは小林誠司が頭に描いた組み立てで、半ば強引に投手にサインを出す。アマチュアではそれでも良かったのかもしれないが、シーズンで何度も何度も対戦するプロの世界。クセや持ち球など研究し尽くした中で行う対戦では、その時その時に調子の良いボールやピッチャーが信頼を置くボールを、キャッチャーが感じ取って相手やケースに合わしていくことが必要だ。
それができなかった小林誠司のリードは相手に的を絞らす結果となり、投手との信頼感を失わす事となった。
これからの小林誠司には、特にこのリード面の成長を期待したい。

彼女はアナウンサー!?嫌われイケメン小林誠司のプラベート

小林誠司が話題になった事で有名なのは彼女の話題か。その小林誠司の彼女というのがフジテレビアナウンサーの宮澤智さん。
「すぽると!」でもリポーターをつとめていた宮澤アナを、小林誠司は以前から彼女にしたい理想の女性にあげていました。

その小林誠司と宮澤智アナが出会ったきっかけは、共通の知人を介しての飲み会とのこと。その飲み会から打ち解けあった2人は、2014年の夏頃から交際を始めたと言います。
野球選手とアナウンサーという鉄板の組み合わせ。今後も注目ですね。

あと、小林誠司は週刊文春に「嫌われイケメン」として紙面に登場しました。内容を抜粋すると、小林誠司は肩は良いがリードが単純で、年上投手にもタメ口なので投手陣から不評。
横浜時代から巨人選手と仲の良い相川を「ポジションを奪うライバルだから」と無視したことで反発を買ったとのこと。どちらも小林誠司の勝気な、上昇志向の強さからくるものなのでしょうか。和と縦の関係を大事にする日本社会では、小林誠司のガツガツ感を受け入れるのが難しかったのかもしれません。

小林誠司が巻き返すためには、まずリード面などで投手陣から信頼を得るなど、捕手としての技術を向上させることが一番重要ですね。

小林誠司は真の正捕手になれるか?

巨人の未来を担うといっても過言ではない小林誠司。多くの実力派投手たちをまとめあげるのはレギュラーキャッチャーの役目である。小林誠司にはそれを成し遂げるだけの力量は間違いなくあるでしょう。

しかし巨人という人気球団はそう長く小林誠司の成長を待ってくれない。小林誠司が成長を見せなければ、すぐにでもドラフトやトレードで魅力的なキャッチャーを連れてくるだろう。そうなる前に、小林誠司は自分の実力を結果として示す必要がある。

天国と地獄どちらも経験した小林誠司はまだまだ強くなる!

第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)で大注目の的になったのは、間違いなく彼を置いてほかにはいない。
巨人正捕手の小林誠司だ。
2017年3月に行われたWBCで侍ジャパンの全7試合に出場した小林誠司は、チームトップを記録する驚異の打率4割5分にホームラン1本、打点6を数えた。

接戦の末、惜しくも準決勝でアメリカに敗れたが、強気のリードとバッティングで大活躍した小林誠司は「ラッキーボーイ」の呼び名で日本中から讃えられた。

しかし今、その「ラッキーボーイ」に試練の時が訪れている。
2017年シーズンは開幕から10打席連続無安打から始まり、さらに17打席連続無安打のスランプも経験。
「バットも見たくない」と苦しみ抜いた小林誠司の打率は7分5厘と、リーグ最下位を記録した。

ところが、どん底まで落ちた彼は意外にも割り切っていた。
「ここからはもう上がるしかない! 」
持ち前の前向きな姿勢で、努力を諦めることは決してしなかった。
遠征先や宿舎でも常にバットを握り続けた。

4月30日の試合前、二岡打撃コーチにフォームのチェックを頼みながら打撃練習に取り組み試合に臨んだ。

努力の結果は実を結んだ。
1-1で迎えた4回ワンアウト二塁の対ヤクルト戦、打席には小林誠司。
真ん中低めのストレートを捉えた打球は三遊間を破るタイムリーヒット。
開幕から25試合、85を数えた打席でやっと2017年初打点を獲得した。

「得点圏に走者がいたので、何とかしたかったですし、必死でした。タイムリーヒットになってよかったです」ホッとした表情が浮かべた小林誠司がいた。

チーム防御率2.72でセ・リーグ1位を誇る巨人(5/1現在)。
扇の要である小林誠司の貢献度は非常に大きい。
それだけに、WBCで活躍した彼の打撃力が復調を見せれば、正捕手の座はより盤石なものとなるはずだ。

打てるキャッチャー阿部とは、また違った背中を見せてほしい。

BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部