メジャーからラブコール!菊池涼介が評価されるワケ

メジャーリーグのスカウトから今すぐにでもメジャーで1番の2塁手になれると言われた男「菊池涼介」。元ヤクルトの宮本慎也からもプロで一番うまいと言われる菊池涼介の守備はどうやってできたのであろう。「すぽると」の企画でプロ野球選手100人選び守備がうまい選手の1位に輝いた菊池涼介の守備と、2014年に.325を残した打撃について迫っていきましょう。

BBCrix編集部

プロのスカウトが来たらサイクル安打!菊池涼介の勝負強さ

尾関雄一朗

東京都で生まれた菊池涼介は野球留学のために、長野県の武蔵工大第二高校に進学します。
高校時代は甲子園には無縁で、菊池涼介の守備位置は今の2塁手とは違い3塁手でした。高校卒業後の進路は大学進学を希望していた菊池涼介だが経済的な事情から、希望した進学先は断念することに。
そして他の選手を見に来た中京学院大学の監督にもう一人見て欲しい選手がいると、菊池涼介を紹介し、その結果菊池涼介は中京学院大学に入学することに。

中京学院大学ではアルバイトをしながら野球部の練習に参加する選手も多く、菊池涼介もパチンコ店でアルバイトしながら、中京学院大学で野球を続けることとなった。

入学して、始めて野球部の練習を見たときの菊池涼介の感想は、「草野球みたい」とのこと。おおよそプロに入る選手が野球をするレベルではない大学での野球生活となった菊池涼介。逆に菊池涼介のプレーを始めて見た監督は他の選手に比べてズバ抜けたレベルであることを認識し、1年春のリーグ戦からレギュラー3塁手として出場する。

しかし菊池涼介が本領を発揮しだすのは、春のリーグ戦後にショートへコンバートされてからである。菊池涼介の走力と肩の強さを生かした野生的な守備は、大学4年間で5度のベストナインに選ばれるほどのものとなった。

そんな菊池涼介の噂を聞きつけスカウトが試合を視察に訪れた。事前に分かっていた監督はスカウトが視察に来ることを菊池涼介に伝えると、なんとその試合で菊池涼介はサイクル安打を達成した。なんとも勝負強い菊池涼介である。こんなところからも菊池涼介のプロ魂を感じますね。

ノムケンに「7」番要求!菊池涼介はプロ向き性格

新人合同自主トレ

菊池涼介は2011年のドラフト会議で広島カープから2位指名を受けた。菊池涼介は指名直後に、当時監督だった野村謙二郎の現役時代の背番号「7」を希望。この希望は広島に却下されたが、なんとも大胆でプロでの活躍を予感させる菊池涼介の行動だった。

菊池涼介は俊足と確実性のあるバッティングを評価されて、プロ初年度の6月29日横浜戦でデビューを果たす。その後7月に入ってからは、レギュラーセカンドの東出が怪我で離脱したので、2塁手として先発で出る機会が多くなった菊池涼介。
2013年は開幕から2塁レギュラーを務めていた菊池涼介は141試合に出場。打率は.247と振るわなかったが、セ・リーグ1位となる50犠打で存在感を示すことに。

またプロ野球選手がもっと驚いたのが菊池涼介の守備であった。異常な守備範囲の広さでセンター前ヒットになる打球も、ライト前ヒットになりそうな打球もアウトにしてしまう。
菊池涼介は肩も強いので、崩れた体勢からでも、強い球を送球できるのでバッターは困ったものである。なんども菊池涼介の守備にヒットを阻まれ、苦笑いするバッターの顔がテレビで放送されていましたね。

また菊池涼介の2014年は打撃も好調で打率.325、188安打といずれもセ・リーグ2位の好結果をのこしました。そして菊池涼介は日本代表として出場したMLB選抜との試合で、攻守に渡ってスペシャルなプレーを披露しました。

そんな菊池涼介にア・リーグ首位打者・盗塁王のホセ・アルトゥーベからは「打撃も守備もいますぐメジャーで通用する」と称えられました。
その後の菊池涼介は膝の怪我などでバッティングの調子があがらない事もありましたが、代わりがきかない2塁守備で日本代表にも定着。今後も成長が期待される菊池涼介選手です。

メジャーも驚き!菊池涼介守備の秘密

菊池涼介 Ryosuke Kikuchi

菊池涼介選手の代名詞ともいえる守備の上手さについて、クローズアップしてみましょう。そもそも菊池涼介は大学時代にはショートを守っていました。
その当時からプロのスカウトの間で、「守りでプロの飯が食える」と言われるくらい、守備範囲が広く、捕球も確実でなおかつ肩も強かった菊池涼介。

まずスタジアムに行って驚くのが菊池涼介のポジショニングであろう。深いのだ。とにかく菊池涼介の守備範囲は他の選手の比べようもないほど深い。
深く守るメリットは打者との距離が稼げるので、追いつける範囲が広くなる事。
ではデメリットはというと、打球を取るまでに時間がかかるので、セーフになる可能性が高まる。深く守ってアウトにできるというのは菊池涼介のフットワークと肩の強さが並外れている証拠である。まさにメジャー級である。

その広い守備範囲の影響からエラーがつく事も。普通ならヒットになる打球に菊池涼介はギリギリ追いつくので、その分エラーが増えると。しかし元ヤクルトの宮本慎也はその部分に菊池涼介のこれからの課題があると言っています。
この課題を克服する事が出来れば、菊池涼介は日本史上に残る2塁手となれるでしょう。いや、この課題を克服した菊池涼介はメジャーでもトップクラスの2塁手と評価される事でしょう。

菊池涼介をメジャーで見てみたい!

菊池涼介選手

山田哲人、柳田悠岐がいまメジャーでみたい野手の1位・2位だと思うが、この菊池涼介はその次に上がるくらいの素晴らしい才能である。まず日本人が評価されるのは、バッティングでありそのミートの上手さであろう。

いままで守備が評価されてメジャーにいった内野手も数人いるが、どれも本来のポジションとは違うポジションに移され、チームバッティングを評価されていたように思う。

本当の意味で内野守備を日本とメジャーで同様の評価をもらえるのはこの菊池涼介くらいではないだろうか。
メジャーに多い天然芝グランドは菊池涼介が所属する広島カープ本拠地のマツダスタジアムと同じである。ぜひ菊池涼介をメジャーの芝の上で見てみたいものだ。

カープ・菊池涼介選手フォト@神宮4/23
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

本日のHotNews

本日の試合 (3/27)

本日の試合はありません

順位表

キーワードリスト

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する