BBCrix編集部
BBCrix編集部
0 Comments

一度野球をドロップアウトしてプロ野球入りした「星野雄大」とは?!

プロ野球選手になるには高校・大学・社会人(独立リーグ含む)と活躍してプロのスカウト陣にアピールしなくてはなりませんが、学生と違い社会人ともなると仕事をしながら野球に打ち込まなくてはなりません。東京ヤクルトスワローズに所属する星野雄大は、高校時代に4番捕手として期待されながらも、一度は野球から離れながらチームに戻り、甲子園に出場しました。また、星野雄大は社会人野球でチームが休部に陥るなか、工場勤務の傍らで野球の練習に励み、独立リーグを経て、星野雄大は見事プロ入りを果たしました。弟の大地選手もソフトバンクに所属し、兄弟でプロ野球選手となった星野雄大。そんな星野雄大はどのような選手なのかここでご紹介していきます。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

その他の野球事典 記事を読む

関連記事一覧

Pro Crix 最新記事

人気記事ランキング記事ランキング

カテゴリー

ログイン