BBCrix編集部
BBCrix編集部
0 Comments

「大谷・藤浪世代」のサウスポー「大塚尚仁」とは?!

プロ野球の世界では、時に活躍する選手が同世代ということもあり、「○○世代」という呼ばれ方をされることがあります。特に甲子園で活躍した選手たちの主役級の選手の名前が付けられています。大学や社会人を経て成長した選手たちがプロで好成績を残しており、意外にもあの選手たちと同期なんだと印象づけることがあります。近年では松阪大輔を中心とした松阪世代、斉藤祐樹と田中将大の激闘から付けられたハンカチ世代があります。最近では160キロを投げる怪腕大谷翔平と大阪桐蔭で春夏全国制覇を成し遂げた藤浪晋太郎という二人の超高校級投手に代表される世代は、プロでもセ・パ両リーグを代表するエースたちによる活躍で「大谷・藤浪世代」といわれています。この二人の注目度に隠れながらも、高校野球で活躍したのが楽天に所属する大塚尚仁です。大塚尚仁は3度甲子園に出場し、3年の夏には甲子園に出場を逃すものの、大塚尚仁はAAA世界選手権大会に日本代表として選出され、大塚尚仁はチームで最多登板をはたします。そんな大塚尚仁はどのような野球選手なのか、ここでは大塚尚仁についてご紹介していきます。

この連載について

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

その他の野球事典 記事を読む

関連記事一覧

Pro Crix 最新記事

人気記事ランキング記事ランキング

カテゴリー

ログイン