BBCrix編集部

履正社の甲子園の成績・出場回数は?プロ野球はあの人!!

 履正社高校は、今年2016年夏の甲子園の出場校です。最激戦区と言われている大阪において、履正社は見事代表入りを果たした、今最も成長著しい高校の一つです。  そんな履正社の甲子園での活躍を探るべく、さっそく履正社の甲子園の成績および出場回数を調べてみました。他にも履正社出身の超大物プロ野球についてもご紹介しているので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。

BBCrix編集部

履正社ってどんな高校?

 履正社高等学校は、大阪府に所在する私立高校です。元々は商業校だった履正社ですが、現在は他校同様に進学校となっています。履正社の創立は、1922年。

履正社には、集約文理コースⅠ・Ⅱ類と普通コースⅢ類が設けられています。ですから履正社は、基本的には大学進学が目標となる進学校と言えます。ただ、普通に至っては強化クラブ生も在籍していることもあり、部活動との両立を念頭に置いたコースとなっています。

また履正社には、履正社学園豊中中学校も創設されており、そちらは6ヵ年特進コースを謳った中高一貫のコースも設けられています。

なので、履正社を卒業した生徒のほとんどがやはり大学へと進学しており、実績にもそれを大々的に掲げています。

ただ、先にもお伝えしたように履正社には強化クラブなるものが存在しており、スポーツの分野にも力を注いでいる高校です。最近だと、硬式野球部の活躍が特に目立ちます。他にも履正社は、サッカー、テニス、バレーボールなどが全国大会に出場経験があり、履正社が強豪校として知られています。

よって履正社からはアスリートも多く輩出されています。プロ野球はもとよりプロサッカー選手、バレーボール選手、ラグビー選手、プロゴルファーなど履正社から多くの種目のアスリートが輩出されていることが分かります。

今年もまた履正社出身で大型新人として期待されている野球選手がいますので、今後も履正社からは目が離せません!!

2016年夏の甲子園に出場!履正社の甲子園出場は何回?

 履正社は、今年2016年の春季大会では優勝も果たしており、今最も成長著しい高校の一つと言えます。そんな履正社の甲子園出場について見ていきます。

 現在までに履正社が甲子園に出場した回数は、春の甲子園に履正社は6度、夏の甲子園に履正社は3度出場しています。ですから、履正社は今までに計9度の甲子園に出場したことになります。

 また履正社の夏の甲子園3度目の出場は、今年2016年のことでつい最近の出来事です。履正社は県大会において、決勝で金光大阪と対戦。履正社は、0-12の圧勝で優勝を収め甲子園に出場を果たしています。

 甲子園での履正社は、1回戦、2回戦は順調に勝ち進みます。ですが履正社は3回戦で茨城県の常総学院と対戦するも7-4で敗れています。

 履正社が今までに出場した、甲子園での最高成績は準優勝です。これは履正社が2014年の春選抜に出場した際に打ち立てた記録です。ちなみに決勝で履正社は、京都の龍谷太平安と対戦しており、2-6で敗れています。

 甲子園でベスト8入りこそ逃した履正社ですが、激戦区大阪で春・夏の地区大会を制したことは大いに意味があります。履正社には来季もかなり期待が持てます。

注目の履正社出身のプロ野球は!?

 履正社は、激戦区大阪で最も勢いのある高校だけあって、プロ野球選手も多く輩出しています。その履正社において、真っ先に挙げられるプロ野球は、やはり山田哲人でしょう。

 昨年2015年では、山田の代名詞ともなった「トリプルスリー」が流行語大賞に選ばれるなど、その活躍振りは既に周知の通りでしょう。

 山田は、履正社3年の頃に甲子園に出場経験があります。履正社卒業後は、ヤクルトへと入団しており、そのままプロ入りしています。ドラフトでは、2010年ドラフトにおいてヤクルトスワローズに1位指名を受けて入団。

山田は今シーズンでも、3冠はおろか7冠やら10冠やらでメディアを大いに沸かせました。ただ、シーズン終盤はやや下火になった感は否めませんが。それでも、シーズンを終えてみたら、今年も日本史上初となる連続トリプルスリー達成、加えて盗塁王獲得、なんだかんだで、物凄い結果を残したシーズンとなりました。

山田は、今までの野手の固定観念を崩しつつある選手です。来季も山田の活躍に目が離せません!
 そして、もう一人の履正社出身でご紹介する野球選手は、寺島成輝です。

実はまだ彼はプロ野球選手ではありません。それというのも履正社の寺島は、豊作と言われている今年2016年ドラフトで注目の目玉投手として挙げられおり、プロ入りが確実視されている選手です。

さらに言えばドラフトが10月20日に行われるので、この記事が掲載されることには、寺島はプロ入りを果たしている、といった推断でのご紹介です。

今も履正社にいる寺島ですが、履正社にいる際には最速150kmと高校生離れした速球を武器にしたサウスポーです。もちろん今年の履正社における、地区大会春・夏優勝に貢献したことは言うまでもありません。その評価は、大学・社会人を含めても「No.1サウスポー」と評されドラフト1位もほぼ確実です。

記事が掲載されるころには、寺島がどの球団に行くかも確定してしるので、今から待ち遠しいです。一応、横浜DeNAがドラ1位で狙ってとの噂も…。(DeNAは現在サウスポーの宝庫と言われています。)

以上が履正社出身のプロ野球選手です。今後も履正社から誕生するプロ野球選手に目が離せません!!

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160731001299.html
著者プロフィール

コメント (0)

この記事にはまだコメントがありません。

この記事の著者

関連記事一覧

Pro Crix オススメ記事

人気記事ランキング

カテゴリー

本日の試合 (1/20)

本日の試合はありません

順位表

コメントを上書きしますか?

すでにコメントしたことのあるニュースです。
再度コメントすると上書きされます。

コメントを削除しますか?

削除すると元に戻すことはできません。

ログイン

Loading...

Baseball Crixが選ぶ今月のベストプレイヤーは誰だ!?
「絶好調!中畑清」ら、野球界の名OBが選び、
あなたの投票によって決定します!

いますぐ投票する